コラム

自称ヲタクに限って大してヲタクじゃないやつがほとんど

自分で「○○ヲタです〜w」って言ってる奴ってだいたいヲタクじゃない。

最初に断っておくけど、
ここで話すヲタクというのはファンです!とかアニメやサブカル好きですって一般人がもともと軽いニュアンスで使う時のオ(ヲ)タクではなくて、
あたかもガチ勢であるかのような面(ツラ)をしてそれを軽々しく自称している人に関する話。

自称することは全然構わないし、決して排斥したいわけじゃない。

個人の自由。
勝手にしてればいい。

けれど、大してヲタクでもないのにヲタクを自称していて恥ずかしくないのかな、とは思う。

本当にそのコンテンツが好きだったとしても間違ったアピールの仕方をしていると「こいつファッションオタクか?」と疑われてしまうだろう。

 

 
これって賢い人が自分のことを「賢い」と言わないのと似ている。

賢い人はまず第一に賢さを誇示することのダサさを熟知しているし、
また、その賢さゆえに自分の未熟さについてもよく知っているから自分の口からは口が裂けても「賢い」なんて言えない。

 
ヲタクにも上には上がいる。

「数を自慢するのは避けた方がいい」という話を聞いたことがある。

例えば、読書好きで年に300冊以上読みますって言うこと。
これを一つの事実として伝えるのはいいけれど、自慢にするのは危ういという話。

なぜなら年に1000冊読む人がいるかもしれないし、実際にいるだろうから。
もし自慢した相手がそうだったら笑えない。

 
ヲタクに関して言えば、例えばグッズの購入金額。

グッズをたくさん買えばそれもヲタクになるのか、金を使えば偉いのかと言うと決してそういうわけでないけれど、
そのコンテンツに貢献していると言う意味では確実に評価されるべきであるし、そのコンテンツを支えているスポンサーといっても過言ではない。

無料動画サイトでアニメを観ている人間とは明確に線が引かれる。
金を出す人がいないと作品は続かない。
僕個人的にはちゃんと金を出すファンは「偉い」と思う。

そして、実際に金持ちはスポンサー級の投資をそのタイトルにしているだろうし、そういう人達には一般人は到底及ばない。

 
同じようなことがヲタ歴や知識・関係者とのつながりなど多くの場面で言える、
結局自分がどれだけヲタ活に勤(いそ)しんだとしても、上には上がいる

ヲタクをやってればやってるだけそういうことにも気がつくし、
自分なんてまだまだヲタクじゃないなといという判断こそ冷静だと僕は思う。

 
気になることはやっぱりヲタをやってればヲタの根深さを知るし、ヲタなんてドヤ顔で自称しにくいはず。
だからかどうか知らないけど、なぜかヲタを自称しているやつに限ってそこまでその作品を好きそうじゃないやつが多いっていうこと。

この場合は完全にファッションになるね。

うん、これが言いたかった。

「ファッション」ほど「ダサい」ものはない。

 
以上!


僕は真剣にブログ運営をしています。
よかったらブクマ・フォローをお願いします。

 

haigaki reports.をブックマーク

関連記事

  1. コラム

    学生時代、勉強しない日には罪悪感があった。

    中高生の時はテスト前なのに勉強していないとすっごく不安になるというか、…

  2. コラム

    地球外知的生命との遭遇(未来)

    前回の記事 (🔗『地球外知的生命との遭遇』) では僕た…

  3. コラム

    受験の格言

    今日は受験にまつわる格言についてレポートします。最初に自分もそ…

  4. コラム

    京大生の高校時代の評定平均公開。国立大学入試に学校成績は必要か。

    今日は僕が高校生の時の評定平均値についてレポートします。&nb…

  5. コラム

    授業の必要性。その授業・提出物・宿題はあなたにとって必要ですか?

    今日は学校の授業との付き合い方について僕の考えをレポートします。…

  6. コラム

    小学生と仲良くなる方法3つ。

    僕は大学生の時に地元の小学校で1年間ボランティアをしていました。今…

読まれている記事

最近の記事

  1. ノウハウ

    コネなしツテなしフォロワー0。新規ドメインからブログを始めて半年間。コツコツ検索…
  2. ラブライブ!

    アルター高坂穂乃果フィギュアレビュー。太もも太い??それがええんや。
  3. 勉強効率化

    京大入試の数学対策で考えたこと・やったこと。頑張っても届かないところ。
  4. その他のアニメ・漫画

    ガルパン映画最終章第1話の感想とグッズ開封!OVA超ネタバレ!ガールズ&パンツァ…
  5. ごちうさ

    女友達をごちうさ映画に連れてった。女子受けとは?非ヲタ女性目線の『ごちうさ』。
PAGE TOP