学生の時の話や学校のこと

京大生の高校時代の評定平均公開。国立大学入試に学校成績は必要か。

今日は僕が高校生の時の評定平均値についてレポートします。

 

(目次)
・調査書の現物
・各教科の成績について
・国立大学入試に学校成績は必要か

 

調査書の現物

調査書の現物。個人情報や学校特定情報は省略。
画質も落としています。

本記事の主題である評定平均は画像の一番下。

 
アップするとこんな感じ。

 

各教科の成績
主要5教科
国語 2.2 数学 2.9
英語 2.6 理科 2.7
地歴 3.0 公民 3.0

国語は小学生の頃から一貫して苦手でした。

ただ、この成績には古文も含まれているので余計に低く出ています。
古典は 読めない言葉・勉強する意義・教えていた先生・話のつまらなさ 全てが嫌いです。

地歴公民は意外といい成績ですね。

 

副教科
保体 3.2 芸術 2.5
家庭 2.0 情報 3.0

家庭科は家庭科室の掃除をして単位をもらいました。
芸術の先生には嫌われていました。

 

ランキング
1位 保体 6位 理科
2位 地歴 7位 英語
2位 公民 8位 芸術
2位 情報 9位 国語
5位 数学 10位 家庭

英語・芸術・国語・家庭科が下位に来ているのは自分らしい結果だと思います。
言語系は本来の性分として苦手な分野であり、芸術・創作系には興味を持てないからです。

英語に関しては高校卒業後の自主学習によって克服することができました。

また、地歴公民は覚えればいいために、簡単な努力で点数が取れたのでそこそこいいし、
情報・数学・理科についてはもともと理系タイプなので言語・芸術よりは多少マシですね。

 

国立大学入試に学校成績は必要か

一般入試では必要ありません。

 
以上。

 


僕は真剣にブログ運営をしています。
よかったらこの機会にブクマ・フォローをお願いします。

 

haigaki reports.をブックマーク

関連記事

  1. 学生の時の話や学校のこと

    進学校で落ちこぼれた時の話。部活への逃避と転校の危機、不合格。

    中学では優秀な成績だった人も、進学校へ進学すると必ず一定割合の生徒が落…

  2. 学生の時の話や学校のこと

    私の留年体験談。3留経験の辛さと就活と卒業とアドバイス。

    私は大学生の時に3回の留年を経験しました。問題になったのは断然…

  3. 学生の時の話や学校のこと

    小学生と仲良くなる方法3つ。

    私は大学生の時に地元の小学校で1年間ボランティアに行っていました。…

  4. 学生の時の話や学校のこと

    就職活動の面接対策で効果があった1つの方法。3年留年してもコツを掴んで楽々内定ゲット。

    僕は大学で3年留年しました。そういった事情もあり就活も3回経験しました…

  5. 学生の時の話や学校のこと

    落ちこぼれから挽回して大学受験で逆転するために。生徒・保護者への提案。

    私は高校生のとき落ちこぼれでした。今日はその時の経験をもとに現…







読まれている記事




最近の記事




PAGE TOP