考えたこと色々

小学生と仲良くなる方法3つ。

私は大学生の時に地元の小学校で1年間ボランティアに行っていました。
もともと愛想なしでコミュ力の低い私にとっては当初は難題だと思ったんですが、結果的に本当に最高の経験となりました。

偶然この後に塾講師をしたときに小学生のクラスをもつこともあったんですがこの時の経験を大いに役立てることもできました。

 
今日は生徒である小学生の特に低学年と仲良くなるために心がけていたこと3点についてレポートします。

これからボランティアや習い事、教育実習などで子どもと関わる機会のある方は参考にしてください。

 

(目次)
・心がけたこと3つ
・小学生の反応などの結果
・ボランティアのきっかけ

 

心がけたこと3つ

①とにかく笑顔で

ボランティアが始まる前には自分が子どもの頃、大人たちのことをどう見ていただろうかと思い出していました。

よく考えてみるとあの時私が学校の先生たちや学校の外でも周りにいた大人に対して、第一にその大人の表情を見てまず安心できる人なのかどうかを判断していました。

学校で自分が関わりにくいと思った先生のイメージはすぐに沸きます。
見た目が怖そうな先生というのは当然ですが、直感的に近づきにくい先生。

子どもは本能的に身の危険を回避する必要がありますので、無表情な先生とかも警戒されますね。

逆にニコニコしている先生とはコミュニケーションが取りやすかったです。

 
このような思い出から、特に自分自身がそんなに愛想よくニコニコとしているような人間ではないなと自覚していたので、
ボランティアではここは大いに気をつけるべきだと心に留めました。

結局ボランティアが始まってからは一言で言うと一年間で一生分の笑顔を出し尽くしたような感じです。

しかし、この点は現場においてはそんなに難しいことはありませんでした。
子どもたちは可愛いから自然とこちらも笑顔になるし、素直でめっちゃ面白いし全然難しくなかったです。

ただ、自分が空腹の時や疲れている時には気をつけるようにしました。
というかある時子どもに「先生疲れすぎ!!」って突っ込まれて、あー表情に出てたなと気づかされて修正しました。

 

②大きな声ではっきり話す

自信がなさそうとか、しっかりしているとか頼れるとかそういうのも、その人の話し方などの雰囲気で子どもは決めていると思います。

これは小学生に限らないことですが、人は相手の印象の約90%を非言語コミュニケーションから決めていると言った法則も今では有名になりましたね。
非言語コミュニケーションとは顔の表情・声の大きさ・声のトーンなどです。

小学生は何でもかんでも話しかけてはくれましたが、
スムーズなコミュニケーションを行うために、その返しもわかりやすく伝わるよう大きな声ではっきりと話すようにしました。

元気なお兄ちゃんを演じました。

結果的に元気いっぱいをやりすぎていたせいかそのうち子どもたちは私の口癖とか挨拶の真似をしてくるようになりました。

彼らは楽しそうに真似をしていたし、私も楽しかったです。

非言語コミュニケーションが90%ということはメッセージの内容はさほど重要視されないということです。

つまり面白いことを話す必要はありません。
明るく楽しく元気に話すことが超重要です。

 

③必ずリアクションをとる

リアクションもめちゃくちゃ大事です。

話しかけてしっかりと反応してくれる人と、あまりかまってくれない人。

何かアクションを起こしても反応が無かったり小さかったりすると寂しいし。
子どもの反応は素直ですからリアクションが冷たい人だと判断されれば関心の対象から外されます。

もう100の言動に対して100の対応を心がけました。
特に私はツッコミをしっかりするようにしました。

何でやねん!
ってはっきりというだけで喜んでくれました。

そうすることで子どもの方から安心して話をしてくれたりちょっかいを出してくれたり積極的に関わりを持ってくれるようになります。

そうそう、100%リアクションを返すことで安心してアクションを起こしてくれます。

 
以上3つのポイントを押さえて上で、
ボランティアに行く前には私は事前に目標も立てていたので書いておきます。

子どものためには
・勉強のお手伝いをする
・学校の楽しさをアップさせる
 
自分のためには
・子どもと上手に関係を育む

 

小学生の反応などの結果

初めて担当の教室(一年生)に入るときはめちゃくちゃ緊張したんですが、上の3つだけは意識して気をつました。

僕の心の準備が功を奏して初日から子どもたちは安心して近寄ってきてくれました。

一年間を通してめちゃくちゃ仲良くできました。

いっぱい話してくれたし、僕の体に登ったり抱きついたり、遊具のようにまとわりついてきたり、授業中もずっと遊ぼうとしてくれました。
どちらかというと遊び過ぎました。
担任の先生に僕が怒られるんじゃないかとしょっちゅうドキドキしてました。

ていうか子どもって元気過ぎてびっくりします。
歩くことを知らないというか。

他の先生たちも僕のそんな振る舞いに安心したのか、遠足や動物園の付き添いを頼まれたり、
運動会にも参加しました。

カメラ係をしていて、まさかの玉入れの籠持ちも任せてもらえました。
玉入れのいーち!にー!って数えるやつです。

運動会は結構日焼けしてしまったことだけが困りましたが本当に楽しくていい経験でした。

 
子どもたちからは手紙や折り紙もたくさんもらいました。

学校では子どもも楽しんでくれていたようだし僕もすごく楽しかったです。

もちろん勉強もたくさん教えました。
自分はどちらかというとそっちの方が得意なので。

ボランティアに行く前こそちゃんとコミュニケーションを取れるかどうか不安だったんですが、ちょっとの考え方と工夫でなんとかなるもんです。
最初に立てていた目標に対する成果は大成功でした。

 

ボランティアのきっかけ

知人に「私の勤めている小学校で今人がどうしても足りていないから来てくれませんか?」と頼まれたことがきっかけです。

僕の他によくきているのは教育学部で教師志望の大学生が一人か2人くらいでした。
教育学部じゃない人が来るのはかなり例外的だったらしいです。

そもそも、ボランティアに頼って運営されている学校っておかしいですよね(笑)
その小学校では恒常的にボランティアがいたみたいです。

「経験したい人は受け入れます」ではなくて「人手が足りないからボランティアで来たください」ですよ。

 
依頼に対してはその友人に過去に借りもあったのですぐに承諾しました。
この時点では上で書いたようなことを色々考える前に、何よりもまずは自分の社会勉強になると思ったから。

しかし、その時の僕は子ども(小学生)と関わったことはほとんどありません。
どちらかというと子どもに対してはネガティブなイメージを持っていました。
うるさいとか清潔感がないとか。。。

なにより一番恐れていたのは子どもと何を喋ればいいのかわからないことw

子どもとうまく付き合う自信は全くなかったし、そもそも人づきあいが上手ではない。
小学校の知識は多くの人と同じで自分が小学校に通っていた時の思い出しかない。

子どものことはアニメでしか知らない子ども初心者。

普段は頑張って愛想よくしてまで人と仲良くしようなんてほどんど考えていないので、
そういう自分だからこそ子どもたちと上手くやっていくなんてすごく大きな課題のように感じられました。

だから上記のような結果になったことは自分的には大満足だし、すごくいい経験・勉強になりましたね。
子どもに対してはすごく苦手意識があったけどこのボランティアを通して好きになれました。

関連記事

  1. 考えたこと色々

    落ちこぼれから挽回して大学受験で逆転するために。生徒・保護者への提案。

    私は高校生のとき落ちこぼれでした。今日はその時の経験をもとに現…

  2. 考えたこと色々

    大学で友達がいない?困っていた他人の話

    大学内で見かけたちょっとかわいそうな他人の話です。…

  3. 考えたこと色々

    ちちんぷいぷい!天王寺高校。天高生の志望校や勉強時間について

    先日ちちんぷいぷいという関西ローカル(MBS)の夕方情報番組内の『たむ…

  4. 考えたこと色々

    就職活動の面接対策で効果があった1つの方法。3年留年してもコツを掴んで楽々内定ゲット。

    僕は大学で3年留年しました。そういった事情もあり就活も3回経験しました…

  5. 考えたこと色々

    ニートの生活サイクルを紹介。自宅警備員の1日の過ごし方(働き方)とは。

    僕はニートです。ニートの生活サイクルが一体どんなものなのかをレポー…

  6. 考えたこと色々

    高学歴ニート・フリーターあるある。これが社会不適合者の現実や。

    高学歴のフリーターやニートあるあるです。自分自身の経験もまじえ…







読まれている記事




最近の記事




PAGE TOP