考えたこと色々

東大京大|高学歴ニート・フリーターあるある。これが社会不適合者の現実や。|早稲田慶応

高学歴のフリーターやニートあるあるです。

自分自身の経験をまじえながらレポートします。

 

親に対する申し訳ないという気持ちが半端ない

これまで高学歴ニートの親はその子に対して多くの投資をしてきており、そしてその分だけリターンも期待していました。

リターンというのは単純に経済的な恩恵だけではなく高学歴ニートが社会で立派に働く姿を見るといった精神的な利益も含まれます。

それを考えるとほんとに心苦しい限り!

そう思うなら働けよって言いたくなますよね。
おっしゃる通りです。

 

成功している同期にSXXT

成功しているやつはとことん稼いでいます。
マジで勝ち組の中の勝ち組。

昔は多少のジェラもありましたが、それもだんだんと薄くなっていきます。

他人は他人、俺は俺。

いいこと言いました。

 

ネットで同じ境遇の人を検索

「高学歴 フリーター」
「京大卒 ニート」

で検索。

だいたいが

今の時代高学歴でもワープアなんてたくさんいる~とか。
甘えている状況に対する批判的なコメントとか。

高学歴だからといって成功するわけではないとか。
高学歴はプライドが高いからどうたらこうたら。

公開後あっという間に放置されてしまったブログとか。

そんなに見つからないことがわかります。

 

履歴書に嘘を書きたくなる

バイトの履歴書を書くときに大学を隠した方が有益なんじゃないかと考える人もいます。
いわゆる逆学歴詐称。

僕も日雇いのバイトに応募するときに考えたことがありました。

①過大評価されるし、それを裏切ることも目に見えているから
②崩れたことを哀れに思われるから

逆学歴詐称は自意識過剰みたいで逆にダサく思えるし、そもそもそんなに期待されていないし。
働き始めたら会話の中で色々と障害が生まれそうなので僕はしないことにしています。

 

とりあえず塾講師・予備校のバイトをする

もちろん同期には言えないです。

コミュ力的な問題でここでもうまくいく人といかない人がいるようです。
自分が勉強をできることと他人にうまく理解させる技術は別物だからです。

先生だと人間性の部分も重要になってきますし。

無能高学歴の墓場とか言われています。
僕は決して教えるのが上手というわけではありませんでしたが結構楽しかったです。

 

株やFXに手を出す

高学歴ニートはもちろんお勉強は得意だし努力も惜しまない人が多いのでそこそこ頑張って取り組みます。

え?そこは頑張るところじゃない?

たしかに〜!!

ちなみに僕はFXで大敗してます。
一人暮らしの貧乏生活をしていた時に日雇いのバイトで貯めた金がほとんど全部なくなりました。

 

同窓会にはいかない

いけない。

なぜか連絡も来ない。

 

母親にカッコつけんなとか言われる

そういうわけではないんやけど。

 

父親にどないするつもりやねんってキレられる

。。。

 

一発逆転できると思っている

現実見ろ。

わかってる!!

 
以上。

 
関連記事:

🔗京大卒のニートが1ヶ月ブログを書いた結果。
🔗ニートの処世術。実家の家事手伝いや引きこもりについて。
🔗🔗ニートしてたらクレジットカードが止まったし、貯金は減るばかり。
🔗『ニートあるある』
🔗ニートの生活サイクルを紹介。自宅警備員の1日の過ごし方(働き方)とは。

 


よかったらブクマ・フォローをお願いします。

 

haigaki reports.をブックマーク

関連記事

  1. 考えたこと色々

    授業の必要性。その授業・提出物・宿題はあなたにとって必要ですか?

    今日は学校の授業との付き合い方について僕の考えをレポートします。…

  2. 考えたこと色々

    超ニートあるある

    僕の実体験より。ニートにありがちなニートあるある。昼夜逆転…

  3. 考えたこと色々

    概数暗算のかけ算の計算方法。子どもでもできる。

    今日は子どもでもできる簡単な概数暗算のかけ算の計算方法についてレポート…

  4. 考えたこと色々

    大学で友達がいない?困っていた他人の話

    大学内で見かけたちょっとかわいそうな他人の話です。…

  5. 考えたこと色々

    ニートの処世術。実家の家事手伝いや引きこもりについて。

    ニートも生きづらい世の中になったものです。今日は僕がニート生活…

  6. 考えたこと色々

    ニートの生活サイクルを紹介。自宅警備員の1日の過ごし方(働き方)とは。

    僕はニートです。ニートの生活サイクルが一体どんなものなのかをレポー…







読まれている記事




最近の記事




PAGE TOP