勉強効率化

俺の京大対策〜化学編〜

今日は僕が京大受験の時に化学対策でしていたことをレポートします。

 

(目次)
・京大化学で意識したこと
・問題集と取り組み方の紹介
・オーバーワーク
・過去問と模試

 

京大化学で意識したこと

まず、京大に限らず入試化学全般について僕の考えを簡単に書きます。

一般的なレベルの受験化学は暗記です。

どれだけ標準問題を繰り返し練習して、頭の中で綺麗に整理して覚えるか。
これにかかっています。

きちんと勉強をすれば点数になって返って来やすい科目です。
化学の勉強に力を入れているのに偏差値が60も超えないというのは、非常にもったいない。
間違った勉強の仕方をしている可能性があります。

 
次に、京大化学対策で僕が意識していたこと。

化学平衡・有機化学(構造決定)・高分子の単元が頻出だと解っていたのでここはよりいっそう力を入れて学習しました。
できるだけ沢山の種類の問題を解いてそれらを全て暗記しました。

暗記といっても丸暗記ではありませんから、何度も繰り返し演習して問題→解法のパターンを頭に叩き込みます。

京大の過去問を見ていて当時の僕は化学平衡が特に難しいように感じていたので、難易度が高めの化学平衡の問題には積極的に取り組んでは覚えていきました。
こんな風に苦手単元を自分で理解して重点するのは効率的であるし大切な方法論ですよね。

そこが出やすいと判ればたくさん演習し、苦手な単元は念入りにしつこく勉強します。
自分は京大受験生の中では潜在的な能力は低い方だとわかっていたので、少しでもできることがあるならなんでもやろうという意識でした。

 
京大化学って大問一個が大きめで大問内の最初の問題から最後の問題までが少し遠いですよね。
物語のように進む大問に対してガッと集中して取り組むことは当たり前ですけど大事。

途中でわからなくても絶対にめげません。その次の問題は解けるかもしれませんから。

自分はこの出題に対する粘り強さに関してはなんら問題がありませんでした。
京大受験生くらいだと珍しいことではないと思いますが、その試験や問題に対する集中力は高かったので。

そして、何度も練習してこのような京大の出題形式にしっかりと慣れるようにしました。

 
そんな京大入試の中でもとりわけ大切にしていたことは、ちゃんと勉強してきた層が得点できる問題、つまり難易度は高くても頻出問題というのがあるのでそれを確実に拾っていくということですね。

京大化学といえど標準問題も適宜穴埋め問題で入ってくるので標準問題は100%にして穴は1つも作りません。
厳密には100%は難しいですが、そういう意識ということです。

数学や英語の天才など、京大志望者の中においてもなお秀でた得意科目を持っているといった場合を除いて、
一般的な受験生は化学に限らず標準問題は当たり前に完璧に仕上げなければなりませんよね。

普通の受験生は妥協した時点で落ちます。

 

問題集と取り組み方の紹介

セミナー化学(第一学習社)

高校で配られていたので現役時に使っていました。

大学受験全体を通して一番取り組んだ教材の1つです。

他のどの科目でもそうですが、化学も例にもれず最初は何もかもがわかりませんでした。
理論も無機も有機も何をしているのか意味不明。

高校の授業にはもちろんついていけていなかったし、むしろ追試を受けていたくらいでしたから。

だから、とにかく1から覚えました。
覚え方はとりあえずB問題など比較的難易度の高めのページは飛ばして、まずは基本事項の暗記。

そして、全体像の把握。

すると不思議と授業では全くわからなかった化学も

「なんだ、覚えればいいだけか。知っているか知っていないかだけの違いじゃないか。」

ということに気が付くことができました。

 
それからはB問題にも手を広げて、何回も何回も繰り返し問題を解きました。

もちろん毎回生真面目に問題集の1ページ目から繰り返すのではなく、自分が過去に間違えた問題や苦手な問題を優先して何度もやります。
問題によってメリハリをつけるんですね。

こちらのリンクにもそのような勉強方法について書いているのでよかったら後で読んで見てください。

関連記事:🔗チェックボックスの使い方。

 
結局セミナー化学は少ない問題でも5回は解き直しました。

 

 

重要問題集(数研出版)

僕は浪人して時間があったのでセミナー化学に納得した後は重要問題集に取り組みました。

重要問題集は僕は物理の重問を、僕にとっての化学でいうセミナーのように気に入って使っていたので化学でも重問を手に取りました。
ていうか重要問題集の物理・化学って難関大学受験生の定番ですしね。

セミナー化学よりは全体的な問題の難易度は高いのでこれもやってよかったです。

1回やったきりとかではなくいつも通り問題ごとに濃淡を付けて完全習得するまで問題によっては何回も取り組みました。

もうこの時点で化学は得意科目になっていました。

河合の全統くらいだと偏差値は安定して70を超えました。

 

 

オーバーワーク

この後の判断には疑問が残ります。

僕はこの得意科目をさらに伸ばすために、セミナー・重問を習得した後に

新演習新研究(共に三省堂)を買いました。

(どんだけやんねん。)

両著とも化学の教材として最高の教材です。
セミナー化学も重要問題集も新演習も新研究も大好きです。

受験勉強を進める中で、当時の僕は「二次試験で化学の点数を目一杯獲りたい・獲れる」と考えるようになっていたので新演習もしっかりと自分のものにしました。

京大模試の偏差値でも60を超えました。

受験化学は全体的に覚えまくっている上に、上述の通り有機化学については重点してインプットしたので、構造決定問題はどの京大模試も京大過去問でさえも簡単になりました。

しかし、改めて考えるとオーバーワークだったかもしれません。
英単語を覚えるとかもっと他に優先する課題はありました。

自分ではほぼ完璧に京大対策をデザインしていたつもりでも、やっぱり足りていなかった所はたくさんあります。

 

 

 

過去問と模試

受験の鉄則に従い過去問は何度もやりました。

もちろんやりっぱなしではなく、解説をしっかり読んで理解するし、必ず自力で解き直しをします。
1年分を1回解くだけではなく、2度3度繰り返すこともありました。

最初の見出しでも書きましたが、京大の長い問題になれることもすごく大切です。

 
僕が受けた京大模試は河合の即応オープンと駿台の京大実戦。
夏秋それぞれで計4回。

もう一社も受けてもいいんですが、模試って丸1日取られるますからね。

上の2つですでに4日取られているため、これ以上は時間対効果の上で疑問がありパスしました。

全部受けた方がいいと言う人もたしかにいます。

 
終わった模試は宝の山だと思っていました。

模試って本番同様めっちゃ集中するじゃないですか。

それだけ熱心に取り組んでもわからなかった問題や間違えた問題というのは、最高の教材になります。

そんな苦労した問題の回答解説を読むことは、普段の問題集をしているよりもずっと定着率がいいからです。
一度本気で考えたことや悔しい思いをしたことが記憶力にいい影響を及ぼすんだと思います。

模試は受けて次の日には絶対に復習をしていました。
鮮度が高いうちに収穫するイメージです。

 
化学は国語や数学に比べて努力が点数に反映されやすい科目です。

頑張ってください。
京大行きましょう。

 
以上。

 
関連記事:

🔗俺の京大対策。受験勉強の最初にやることまとめ。


🔗京大勉強法〜英語編〜


当ブログでは勉強効率化や京大受験対策、京大での学生生活についての記事をこれからも少しずつ書いていきます。

勉強カテゴリー以外にも書きたいことがたくさんあるので更新頻度は高くありませんが、よろしければブックマークやフォローをお願いします。

 

haigaki reports.をブックマーク

関連記事

  1. 勉強効率化

    俺の京大対策。京都大学への勉強法。受験勉強の最初にやることまとめ。

    今日は京都大学など難関大学の入試対策について僕の考えをレポートします。…

  2. 京大

    京大対策勉強法〜英語編〜

    今日は僕の京大入試の英語対策としてやったことをレポートします。…

  3. 京大

    京大理系志望者にとっての英語。

    センター試験お疲れ様でした。僕は現役・浪人と2回センター試験を…

  4. 勉強効率化

    京大入試の数学対策で考えたこと・やったこと。頑張っても届かないところ。

    「俺って数学の才能ないんかな?数学できるやつってカッコええわ。…

  5. 勉強効率化

    目次を利用することで受験勉強を効率化できる

    目次は非常に利用価値の高いページです。勉強を少しでも効率化しよ…

読まれている記事

最近の記事

  1. 勉強効率化

    京大受験の合格体験記と感想。ブログで初めて話します。苦しかった。
  2. 勉強効率化

    京大入試の数学対策で考えたこと・やったこと。頑張っても届かないところ。
  3. その他のアニメ・漫画

    ガルパン映画最終章第1話の感想とグッズ開封!OVA超ネタバレ!ガールズ&パンツァ…
  4. 落ちこぼれ人生

    進学校で落ちこぼれた時の話。部活への逃避と転校の危機、不合格と嫉妬。
  5. レポート

    ブログのアクセス数5万PV達成とその実情。思い通りにはいかない。ブログの夏。※ブ…
PAGE TOP