バスケ上達

初めて行く社会人バスケサークルに参加した時の話。探し方や参加方法なども。

いつものメンバーでバスケするのも楽しいですが、ときどきは全員が初対面っていうちょっと緊張するような環境でやるのもいいですよね。

新しい発見があることも珍しくないですし。

うまくプレーできることもあれば、やりたいことができずに不完全燃焼で帰る時もあります。
全然動けなかったときは少し恥ずかしいですね。

今回は先日初めて行くバスケサークルに参加した時の話を時系列でお話しします。

 

サークルを探す

サークルは『スポーツやろうよ!』という無料掲示板で「大阪府 バスケ」のキーワードで探しました。

ちょうど近隣の市で活動しているサークルを見つけたのでサイト経由でメッセージ送信。
たまたまその日のうちに練習があるみたいだったので今日行っちゃおうと思いました。

サイトを見たのは深夜の当日0時を過ぎてからでした。

「はじまめして。
今日の練習に参加させてほしくて連絡いたしました。
ポジションはPFです。
ボールは持参します。
よろしくお願いいたします。」

さすがに当日の連絡であったため反応はないだろうと思っていました。
もし返事が無くてもとりあえず翌日該当の体育館に行くつもりでした。

朝起きるとスマホにサイトからのメールが届いていました。
メッセージが届いているのでサイトにログインして見て下さいと。
確認してみると昨日応募したサークルからの返事でした。

「ぜひどうぞ」

短いな。

 

体育館へ

練習は18:00-21:00です。

17:30体育館に到着。

まだ誰も来ていない。
初めての環境での練習なのでいつもより念入りに準備体操をしながら待っていました。

18:00から予約している場合、当たり前ですがその時間を過ぎないと体育館には入れません。
準備体操もロビーでやります。

18:00になりました。
準備体操は一通り終えていたので私はとりあえずコート周りを走ってからシューティング。

そうこうしているうちにみんなワラワラとやってきました。
1人地元の体育館で以前一緒にバスケをしていた知り合いがいてちょっと安心しました。

適当に挨拶をして回りました。

一番高い人たちで180~185cmが5人くらい。
なんとかなりそうです。

 

意外といつも通りの動き

18:30みんなでシューティングドリル。
ランニングシュートやジャンプシュートですね。

18:45グループ3つに分かれてゲームスタート。
結局この日は全員で15人でした。
1ゲームは10分。

ゲームが始まると意外と最初からいつも通りの動きができたので、これはマジで安心しました。

念入りにいつも以上にシュート練習をしていたかいもあって、
1・2・3回目くらいのゲームまではミドルシュートが結構入る。
気分を良くして打ち過ぎてしまったくらいです。

外角のシュートを決めた後のポストプレーもすぐにフェイクに引っかかってくれるから楽ちん。
私が大切にしているリバウンドのもぎ取りと速攻による得点もしっかり獲れました。

1ゲームが終わった後に代表がいらっしゃったのでとりあえず挨拶をしに行きました。

「もう汗だくですね!」と言われました。

暑いもん。

機嫌よくプレーができていたのですがこの後状況が一転。
色々と辛い思いをしました。

 

休憩させてくれ

ゲームを繰り返していくうちに身体に蓄積していく疲労。

3グループしかないからどうしても

ゲーム→ゲーム→休憩→ゲーム→ゲーム→休憩

のローテーションになります。
だから2回は連続してゲームすることに。

高校生の頃は2クォーターなら余裕があったのに今は本間にしんどい。
全員でちょうど15人だから自分だけ休憩をもらうことはできない。

こういう時いつも思うけどなんでみんな涼しい顔してるんやろ?

休憩の合間とかちょっとした時間にシュート練習をする人がいるけど、俺には無理。
特にこういう初めての環境だと知らず知らずのうちに心身に余計なストレスがかかっているため余計にしんどい。
初めての体育館って広く感じる。

なぜかこの日は特にスタミナの消費がおかしかった。

「きつい」
「もう無理」
「休憩させてくれ」

ついつい試合中にも心の叫びを言葉にしてしまいました。

20:00過ぎてからは両足が釣りかけました。
ふくらはぎの上で膝の裏の下の間。

「あ、やばっ」みたいな。

それでもディフェンスには戻ります。
ほとんど立っているだけやけどコートに立つ人の責任なので。

オフェンスは。。。
サボってるのがバレない程度に参加します。

自分は0度にハケることで仲間にスペースを空けてあげてアタックをさせる。

自チームのファーストブレイクの際は絶好の休憩ポイントです。
がんばれ~。

ここまでくると視力がだんだん落ちてくるんですよね。
恐らく血液が足りていないのでしょう。

20:45ゲーム終了。

みんなで協力して片づけをして解散。

「この施設は何時に占めますか?体調悪いので少しロビーで休ませてもらうことはできますか?」

施設の管理者さんに確認した後、20分くらいテーブルにうつぶせになっていました。

◼️追記

今思い返してみるとどう考えてもこの日は体調が悪かったみたいです。普段帰れなくなるほどバテてしまうことはありえません。

追記ここまで。◼️

また行きたい!!

プレー内容に関する一番の反省点は
シュートを打つことが多くてペネトレートがほとんどできなかったこと。

ポジション(PF)的にチャンスは多くないのですが45°からのアタックはもっと取り入れていきたいです。

後半スタミナ切れで使い物にならなかったけれど、経験上コートとメンバーに慣れていくことでスタミナもプレーもどんどんコントロールが効くようになります。

もっと点を獲りたいです。
 

以上。

関連記事

  1. バスケ上達

    【バスケ】リバウンドの取り方のコツと考え方。上手くなる方法【テクニック】

    私は10年以上バスケットボールをしています。ポジションはPFをする…

  2. バスケ上達

    バスケ初心者が上手くなる方法3つ。最初の上達のための考え方。

    バスケが上手くなるための一番の方法は攻めることです。攻めないこ…

  3. B.LEAGUE

    厳選!まじでイケメンなバスケ選手たち。Bリーグ2部「B2」のかっこいい日本人プロ選手

    Bリーグの2部(B2)からイケメン選手をまとめました。(敬称略)…

  4. バスケその他

    ダイエットにオススメのスポーツもバスケである理由5つ

    今日はバスケがダイエットにもオススメのスポーツである理由をレポートしま…

  5. バスケ上達

    下(4番5番)ポジションの選手の得点以外の活躍方法

    はじめに得点をとることだけが試合で活躍する方法ではありません。…







読まれている記事




最近の記事




PAGE TOP