色々

概数暗算のかけ算の計算方法。子どもでもできる。

今日は子どもでもできる簡単な概数暗算のかけ算の計算方法についてレポートします。

 
まず、計算に必要な位(くらい)と桁(けた)の表です。

5 6 7 8桁
1万 10万 100万 1000万
9 10 11 12桁
1億 10億  100億 1000億
13 14 15 16桁
1兆 10兆 100兆 1000兆

 

計算方法を例で示します

かけ算の結果が「4×5などの2ケタ」と「2×4などの1ケタ
のそれぞれ2つの場合に分けて実際に計算をしながら説明します。
 

パターン1:積が2ケタ
4万×50億

桁数に注目して、

表より4万=5桁、5億=10桁だから
5+10=15

ここで、15桁は表より100兆の位(くらい)

 
次に、頭の数字に注目して、

4×5=20

したがって、頭2の15桁=200兆

 

6万×6万

桁数に注目して、

表より6万=5桁、6万=5桁だから
5+5=10

ここで、10桁は表より10億の位

 
次に、頭の数字に注目して、

6×6=36

したがって、頭3(.6)の10桁=36億

 
見やすさのためにさっきと同じ表をもう一度貼っておきます。

5 6 7 8桁
1万 10万 100万 1000万
9 10 11 12桁
1億 10億  100億 1000億
13 14 15 16桁
1兆 10兆 100兆 1000兆

 

パターン2:積が1ケタ
2万×3万

2万=5桁、3万=5桁だから
5+5=10桁

 
2×3=6(積が1ケタ)

積が1ケタだから(10ー1=)9桁にして、
表より9桁は1億の位。

よって、頭6の9桁=6億

 

3000円のCDを100万人が買った時の売り上げ

3000=4桁、100万=7桁だから4+7=11桁

3×1=3

積が1桁だから(11-1=)10桁
表より10桁は10億の位。

よって、頭3の10桁=30億

 

必要なこと

表を覚えることです。

コツはただ漠然と暗記するのではなく
桁を数字と結びつけて印象に残すことで。

億は9(桁)だ。

兆なら13!といった具合です。

いきなりは難しいかもしれませんが、
計算する癖をつけていれば勝手にそれぞれの位(くらい)とそれに対応する数字のイメージが定着します。

最後に、割り算は桁数の引き算でできます。
 

以上。


 


よかったらブクマ・フォローをお願いします。

 

haigaki reports.をブックマーク

関連記事

  1. 色々

    地球外知的生命との遭遇

    本日4月8日は人類史上初めてのSETI(地球外知的生命探査)が行われた…

  2. 色々

    アニメ日常から『やるまでのやる気が出ない』。やる気の出し方を元落ちこぼれが真剣に考えます。

    アニメを観ていると時々登場人物のセリフや行動にハッとさせられることって…

  3. 色々

    家電量販店でこの店員さんから買いたいと思う時。客に選ばれる接客とは?

    こんにちは。私はいち家電製品・ガジェットファンです。201…

  4. 色々

    【天の川】ドレイクの方程式とは。地球外知的生命体が存在する可能性【銀河系】

    銀河系内に地球外知的生命体いわゆる宇宙人は存在すると思いますか?…

  5. 色々

    家電量販店の店員さんにクレームを伝えざるをえなかったときの話。

    こんにちは。私は家電製品やガジェットが好きです。家電好きが…

  6. 色々

    地球外知的生命との遭遇(未来)

    前回の記事 (🔗『地球外知的生命との遭遇』) では僕た…







読まれている記事




最近の記事




PAGE TOP