考えたこと色々

概数暗算のかけ算の計算方法。子どもでもできる。

今日は子どもでもできる簡単な概数暗算のかけ算の計算方法についてレポートします。

 
まず、計算に必要な位(くらい)と桁(けた)の表です。

5 6 7 8桁
1万 10万 100万 1000万
9 10 11 12桁
1億 10億  100億 1000億
13 14 15 16桁
1兆 10兆 100兆 1000兆

 

計算方法を例で示します

かけ算の結果が「4×5などの2ケタ」と「2×4などの1ケタ
のそれぞれ2つの場合に分けて実際に計算をしながら説明します。
 

パターン1:積が2ケタ
4万×50億

桁数に注目して、

表より4万=5桁、5億=10桁だから
5+10=15

ここで、15桁は表より100兆の位(くらい)

 
次に、頭の数字に注目して、

4×5=20

したがって、頭2の15桁=200兆

 

6万×6万

桁数に注目して、

表より6万=5桁、6万=5桁だから
5+5=10

ここで、10桁は表より10億の位

 
次に、頭の数字に注目して、

6×6=36

したがって、頭3(.6)の10桁=36億

 
見やすさのためにさっきと同じ表をもう一度貼っておきます。

5 6 7 8桁
1万 10万 100万 1000万
9 10 11 12桁
1億 10億  100億 1000億
13 14 15 16桁
1兆 10兆 100兆 1000兆

 

パターン2:積が1ケタ
2万×3万

2万=5桁、3万=5桁だから
5+5=10桁

 
2×3=6(積が1ケタ)

積が1ケタだから(10ー1=)9桁にして、
表より9桁は1億の位。

よって、頭6の9桁=6億

 

3000円のCDを100万人が買った時の売り上げ

3000=4桁、100万=7桁だから4+7=11桁

3×1=3

積が1桁だから(11-1=)10桁
表より10桁は10億の位。

よって、頭3の10桁=30億

 

必要なこと

表を覚えることです。

コツはただ漠然と暗記するのではなく
桁を数字と結びつけて印象に残すことで。

億は9(桁)だ。

兆なら13!といった具合です。

いきなりは難しいかもしれませんが、
計算する癖をつけていれば勝手にそれぞれの位(くらい)とそれに対応する数字のイメージが定着します。

最後に、割り算は桁数の引き算でできます。
 

以上。


 


よかったらブクマ・フォローをお願いします。

 

haigaki reports.をブックマーク

関連記事

  1. 考えたこと色々

    高学歴ニート・フリーターあるある。これが社会不適合者の現実や。

    高学歴のフリーターやニートあるあるです。自分自身の経験もまじえ…

  2. 考えたこと色々

    進学校で落ちこぼれて悩んでいても、問題を解決できるのは自分だけでした。

    ブロガーとしてのキャラ作りとかではなくて学生のころ僕はマジで落ちこぼれ…

  3. 考えたこと色々

    ちちんぷいぷい!天王寺高校。天高生の志望校や勉強時間について

    先日ちちんぷいぷいという関西ローカル(MBS)の夕方情報番組内の『たむ…

  4. 考えたこと色々

    高校受験の体験記(大阪府公立入試)とそこから得られる3つの教訓。

    今日は僕の高校入試の体験談をメインで話しながら、その時の経験から得られ…

  5. 考えたこと色々

    進学校で落ちこぼれた時の話。部活への逃避と転校の危機、不合格と嫉妬。

    中学では優秀な成績だった人も、進学校へ進学すると必ず一定割合の生徒が落…

  6. 考えたこと色々

    京大生の高校時代の評定平均公開。国立大学入試に学校成績は必要か。

    今日は僕が高校生の時の評定平均値についてレポートします。&nb…







読まれている記事




最近の記事




PAGE TOP