ライフスタイル

MacBook Pro2016 13インチ。おすすめのノートパソコン用ケース(バッグ型)レビュー。

2016年にMacBook Pro(マックブックプロ)13インチと15インチモデルが発売されました。

今日はこの新型ラップトップの13インチにおすすめのノートパソコン専用ケース(バッグ型)についてレポートします。

購入の経緯や決め手

条件
・ケースの中でMacがゆさゆさ動かない
・他のアクセサリ類は入らなくて良い
・耐衝撃性(緩衝素材)とできれば防水

こんな条件で買ったばかりの新型MacBook Proの13インチ用に持ち運びできるケースを探していました。

周辺アクセサリを一緒に入れると機器同士の摩擦で傷が入ったり、
ケースに入れた時にはその部分が膨れ上がり、リュックにしまうときの障害になることがあります。
そんな理由から今回はマックブック1台がスッキリと入るものを探していました。

アマゾン内を一生懸命に探して最終的にたどり着いたのがGEARMAX(ギアマックス)というメーカーの『MacBook12インチ用ケース』でした。

 
上記のNew Mac12インチとは「MacBook」(無印)のことで、2015年春に発売されたAirでもProでもないMacBookシリーズの新ラインです。

念のため後述する記録の通り、サイズを実測をした上で購入を決めましたが、
やはりMacBook12インチ用のケースに新型Proの13インチが入るのかどうか不安でした。

しかし結果的にはこの12インチ用のケースが新しいMacBook Pro13インチにぴったりでした。

 

使って見た結果。商品レビュー

最高でした。

かなり気に入っています。
一番に伝えたいことは「ぴったり過ぎて最高やった」ということです。

Macbook(本体)とケースの自分で計測した値と、ケースに関してはアマゾンでの表記を記録したものが下記になります。
“ケースの実測値”は内部を測ることができないので外側の縫い目から縫い目までの距離を測っています。

高さ
MacBook Pro 13インチの実測値 30.5cm 21.4cm 1.3cm
GEARMAX僕の実測値 32.7cm 22.3cm 1.7cm
GEARMAX外部寸法(amazonより) 31.8cm 22.5cm 2.5cm

 

以下画像を用いて紹介していきます。

とどいた状態

img_4858

開封

img_5110

側面に2つのポケット

img_5458

アクセサリ収納スペース

img_5252

本体収納スペース

img_5311
ふわふわしています。そこそこの厚さもありました。

途中まで入れた様子

img_5526
ピッタリすぎて嬉しかった。

最後まで入れた状態。

img_5626

Mac入れてチャックを閉じた状態。

img_5829

変にふくれたりすることなくピッタリ。
持ち手が付いてるのもすごく便利でした。

以上!!

■追記(2018年8月13日):この記事を書いて1年半が経ちましたが今も同じケースを使っています。
1つ目は汚れてきたので春に2つ目を買い直しました。
 
使いながら気づいたこちらのケースのいい点は持ち手です。
自分の家の中や、カフェなどでの移動時にさっと入れて持ち運べるのでとても便利です。

関連記事

  1. ごはん

    【簡単レシピ】節約!肉なしお好み焼きの作り方。1枚110円【美味しい】

    今日は簡単なお好み焼き作りと僕がお好み焼きに対して思うことをレポートし…

  2. カフェ

    難波日本橋のWi-Fi(ワイファイ)電源カフェ。勉強場所・PC作業・仕事に。

    なんば・日本橋で仕事や勉強、PC作業ができるおすすめのカフェ。電源…

  3. ごはん

    二代目月見バーガーと満月チーズ月見の感想!カロリーや値段なども比較!

    今日は9月6日より期間限定販売が始まった『2代目月見バーガー』…

  4. カフェ

    本町・心斎橋のWi-Fi・電源カフェ。

    本町・心斎橋界隈のWi-Fiや電源のあるカフェをレポートします。…

読まれている記事

最近の記事

  1. ノウハウ

    コネなしツテなしフォロワー0。新規ドメインからブログを始めて半年間。コツコツ検索…
  2. ごちうさ

    ごちうさ日本の聖地?喫茶店るぽ(東京清瀬)でココア飲んだ。フランスも行く??ごち…
  3. ラブライブ!

    アルター高坂穂乃果フィギュアレビュー。太もも太い??それがええんや。
  4. コラム

    SETIとは!もしも地球外知的生命体からのコンタクトを受け取ったらどうするべきか…
  5. レポート

    ブログのアクセス数5万PV達成とその実情。思い通りにはいかない。ブログの夏。※ブ…
PAGE TOP