ラーメン

大阪市内で二郎系なら『のスたOSAKA』@難波!二郎(系)ラーメンにおける「ホームの味」とは。

大阪市内でおすすめの二郎系ラーメン屋『のスたOSAKA』についてレポートします。

僕が最近一番通っているラーメン店です。
のスたはここの大阪と東京の2店舗。東京の大井町にあるのが凛本店です。

大阪店は難波駅の近くにあって非常にアクセスがいいんですよね。
日本橋もすぐ近くなので利便性が本当にいい。

そして味も最高なので足繁っています。

 

のスたOSAKA

一応早めにはいきますが僕は食べられなかったことはありません。
21:00くらいでも食べられました。

おすすめのメニューは賄い醤油一択!二郎系初めての方は並で。

食べ方について書かれています。
『マシはできません。』大学生の時初めて食いに行った時に言ってしまいました。
店員さんによっては「何言ってんスカ?」って対応されます。

マシをしなくてもちゃんとヤサイはあります。めっちゃうまいです。
二郎系というよりはのスたって感じですね。それはつまりとにかく醤油辛い!でもそれがいい!

麺の硬さも一般的には固くも柔らかくもなくちょうどいいと思います。僕の好みはもう少し硬くてもいいですが。

のスたではこの天地返しは特に重要です。
とにかく下の方にすごく辛いのが溜まっているので、これで満遍なく辛くできます。

 

二郎系のホームの味とは

僕は大学生の時は一乗寺界隈に住んでいました。
関西の方だとわかると思うんですが、一乗寺という土地はよくラーメン激戦区なんていう言い方をされます。

先日『ラーメン二郎』の京都店ができたのもこの一乗寺。
しかも一乗寺駅の真ん前っていうすごい目立つ場所。

で、一乗寺には『ラーメン荘夢を語れ』という二郎系のラーメン屋があります。
僕が人生で一番通ったラーメン屋かもしれません。

その大学生の時から他にも二郎系は食べていました。
伏見の『地球規模で考えろ』滋賀県南草津の『ニボ次郎』大阪下新庄の『歴史を刻め』兵庫県西宮の『これが好きだから』などです。
ここの『のスたOSAKA』にも数える程ですが行きました。

ラーメン好きな人はラーメン友達と「二郎系ラーメン屋はどこが一番好き?」といった話をすると思います。
僕は京都に住んでいた時は「夢!」と答えていました。

不思議だったのが、そのあと、一時期『歴史を刻め』の某店舗のそばに引っ越した時はなぜかその質問の答えが「歴史!」に変わったことです。

それで僕は今は「のスた!」がホームです。

腹が減ったらあのボリュームと醤油辛さが欲しくなります。

僕はホームの味が自分の今のスタンダードになるということはあると考えています。

どう思いますか?

 

さいごに

僕の観点からすると、ラーメン好きの友達の中にもいるんですが難波とか日本橋に来ていて、かつラーメンを食べることに決めてのスたに行かない人の意味がわかりません。

のスたは量・価格・味のバランスが最高ですから。
特に腹を空かしている男性には超おすすめします。

 
以上。

 
関連記事:

🔗のスたのガチまぜそば!竜巻麺@大阪難波


ラーメン大好きです。これからもときどきですが麺記事書きます。

よかったらこの機会にブックマークやフォローをお願いします。

 

haigaki.jp

関連記事

  1. ラーメン

    夢を語れがまずいって?二郎は3回食え!<ラーメン荘の感想文>

    今日は京都一乗寺の人気ラーメン店『ラーメン荘 夢を語れ』の感想文です。…

  2. ラーメン

    沖縄県那覇市の二郎系ラーメンすばじらぁ食ってきた。沖縄ってJRも地下鉄もないんやね。

    沖縄の二郎インスパイア『すばじらぁ』食ってきました。沖縄まで来…

  3. ラーメン

    縁乃助商店が歴史を刻めの麺でコラボラーメン『鶏二郎』

    今日は先日人気ラーメン店『縁乃助商店』であった『歴史を刻めの麺で作った…

  4. ラーメン

    宅麺レビュー!美味しい二郎系ラーメンを正月三が日に3杯食う。

    今日は宅麺の二郎系ラーメンについてレビューします!元日からの三が日…

  5. ラーメン

    とある大阪人の二郎評価

    僕が4月と5月に食べに行ったラーメン二郎の感想です。前回の二郎…

  6. ラーメン

    YUMEWO KATARE TOKYO(夢を語れ 東京白山店)食ってきた。

    ラーメン荘夢を語れ白山店。先日食べてきました。『ラーメ…

読まれている記事

最近の記事

  1. 勉強効率化

    京大入試の数学対策で考えたこと・やったこと。頑張っても届かないところ。
  2. 勉強効率化

    京大受験の合格体験記と感想。ブログで初めて話します。苦しかった。
  3. 落ちこぼれ人生

    進学校で落ちこぼれた時の話。部活への逃避と転校の危機、不合格と嫉妬。
  4. ごちうさ

    女友達をごちうさ映画に連れてった。女子受けとは?非ヲタ女性目線の『ごちうさ』。
  5. レポート

    ブログのアクセス数5万PV達成とその実情。思い通りにはいかない。ブログの夏。※ブ…
PAGE TOP