ノウハウ

ブログ記事のSEO的に理想の文字数について!「何文字以上が必要ですか?」←この質問あまり意味無い!

はい!始まりました haigaki reports. 第309枚目!!

今回はブログの文字数について!

このブログを10ヶ月間やってきた中で得ている感覚から『記事の文字数に関する僕の考え』をレポートします!
今日も持論一方的に展開します!

 
(もくじ)
①検索で上位表示させるための理想の文字数
②サイトの評価を下げないための最低限の文字数
③グーグルが嫌いなもの
④文字数の本当の意味
⑤文字数にとらわれることの無意味さ

①検索で上位表示させるための理想の文字数

ある程度やって来たブロガーならわかるかと思いますが、
「○○文字がいい!」なんて簡単に断定することはできませんよ。

取り扱う話題や狙っているキーワード、競合の数・強さによりますし、

まとめ系とか速報・情報系とか商品・サービス紹介系とかノウハウ系とか感想系などブログ・記事のスタイルによっても変わります。

 
ただ、検索で上位表示させるための「最低限の文字数の目安」について、

自分でこのブログの約300記事を手本(サンプル)にして、
あえて参考を示すとすれば3000~4000字台です。

3000~4000字台を書けば絶対に上位とれるってわけではありませんが、
上位を取ってるのはだいたいこのくらいのボリュームの記事です。

 
5000字~を入れていない理由は、

短い記事はもちろんダメだけど、
逆に長過ぎる記事も書き手に「最後まで読ませる技術」がない限りあまり伸びないんですよね。

僕にはまだないです。

何度も言いますがこれは目安に過ぎず、
取り扱うテーマやキーワードによってめちゃくちゃ変わってきます。

 

②サイトの評価を下げないための最低限の文字数

上の3000字以上というのはその記事を検索で上位表示させたい場合です。

薄い記事を書いてサイトがSEO的に不利な評価をされないための文字数というのは、上位表示の施策とはまた別に考えるべきではないでしょうか?

 
というのも、専業アフィとは違い、
ブロガーで「出す記事全てを人気の記事にしたい!」って人は少ないと思うんですよ。
つまり特に上位表示させる意図を持たずに出す記事があります。

この時注意しなければならないのは、
いくら自分が「読まれなくてもいい」と思って出した記事でも、
あまりにもSEO的に好ましくない記事が増えてくると、
サイト自体への(グーグルからの)評価を下げてしまいます。

 
これはさっきの『3000字以上』よりもさらに感覚的な話になってしまいますが、
この「サイト全体の(グーグルからの)信頼性」を維持するには最低700~1000字は必要ですね。

感覚的というのは自分自身のブログ内の検索で上がってこない記事の傾向を見たり、
他のブロガーの話を直接的・間接的に聞いて得ている情報によります。

 
したがって、700字も越え無さそうな記事は最初から書かないようにするのが手堅いブログ運営と言えます。

SEOの王道は信頼の積み重ねですから、
ペラペラな記事を出してわざわざ自分からリスクを被りに行くことはしません。

例えば商品紹介記事で「商品画像+感想+アフィリンク」で全300字〜600字くらいしかない薄い記事を立て続けに出してるブログを見かけますが、
あれはさすがにヤバいでしょ。

 

③グーグルが嫌いなもの

少しグーグルのポリシーについて少し調べればわかることですが、

グーグルはそういう記事やサイトをわざわざ『低品質なページ』と命名して検索で上に来ないようにしています。

何よりもグーグルはしょうもないアフィサイトが大嫌いですよ。

僕も嫌いです。
嫌いというより今話題にしている「ペラいアフィページ」ついて言えば何を考えてるんやろ?って思います。
誰が読むねんって。

 
もちろんアフィサイトにもいいものもあります。

書き手が実際に利用した商品・サービスを消費者目線(←重要)でわかりやすくレビューしてくれるサイトね。

参考になりますし、感謝の気持ちをもってあえてそのリンクから購入したりもします。

グーグルもその点はちゃんと認めています。

こういうのはたしかに本心なんですが、
一応これ言っとかないと「何でもかんでもアフィを否定するやつ」ってレッテルを貼られるので。

 

④文字数の本当の意味

「グーグルが文字数を数えてるか?」というと、確かにそれはそうかもしれません。
その通りでしょう。

しかし、グーグルが文字数を気にしてる→文字数を稼ごう!っていう発想は絶対にアカン。
短絡的すぎる。

 
グーグルが文字数を数える理由は“文字数そのもの”が重要なのではなく、
文字数から推し量られる情報量を見ているのであって、

それは読者にとってその記事がどのくらい有益なのかを測るパラメーターの1つに過ぎませんから。

文字数が少なくても貴重な情報(=非常に有益)なら上位をとれるでしょう。

つまり文字数そのものに価値があるわけではなくて、
その文字数の中に含まれる情報の濃度が大切ということです。

 

⑤文字数にとらわれることの無意味さ

「ブログの記事に必要な文字数は何文字ですか?」

いやいや、感想文の宿題やないんやからw
先生が「○○文字です!」って言ったらその通りに書き上げるの?

 
僕はブログをそんな作業的・事務的な仕事にしたくないですね。

 
その取り扱ってるテーマ(タイトル)に対して、必要なことをわかりやすく書くことが第一で、
その結果としてそれぞれの記事にふさわしい文字数になります。

文字数を目標に記事を書くことは順番が逆になっているということです。

 
だから、文字数ありきで書く記事とかありえません。
文字数を気にする気持ちもわかりますが、他にも気を配らない箇所がたくさんありまくります。

(そうは言っても初心者の方など最初は全く判断がつきませんから、
この記事ではその背景の説明をしながら目安を示させていただきました。)

 
先ほども言いましたが、
グーグルが文字数を評価項目に加えている理由は
文章量というのが価値のあるページかどうかを測るのための物差しの一つになるから。

他にもたくさんの評価項目が存在しますが、
全ての評価の大前提としてあるものは読者にとってそのページが本当に価値のあるものかどうか
人の役に立つ記事なのかどうかという点。

ここを考えて記事を書くべきであって、
「理想の文字数は何文字ですか?」という質問はナンセンスです。

 
以上!

 

あとがき

お疲れ様でした〜!

参考までにこの記事自体のことを言えば文字数はこのあとがきを抜いて約2900字。
もうちょっとスッキリさせたい!

読まれなくてもいい記事の部類。
(いつでもそうだけどワンチャンは狙ってる。)

 
それよりも知らない間に増えていたブログサークルやツイッターのフォロワー(ブロガー)の参考になればええって感じ。

ブロガーで僕のことをフォローしてくれている方がまさかアニメの記事を読みたくてフォローしてるわけではないだろうし、
そういう方たちになんとなく役に立つ記事を書いてみたい!と思い立って書いた記事です。

 
こんなところ(あとがきの最後)まで読んでくださってありがとうございました!
ブログ頑張りましょうね。

 

 
関連記事:

🔗こんな個人ブログは読みたくない!3パターン。


僕は真剣にブログ運営をしています。
よかったらブクマ・フォローをお願いします。

 

haigaki reports.をブックマーク

関連記事

  1. テクニカル

    ワードプレス有料テーマの更新方法。スクショ付けて解説。

    今日はWordPressの有料テーマの更新方法についてレポートします。…

  2. ノウハウ

    グーグルアナリティクスの『平均ページ滞在時間』の見方。初心者必見。

    今日は僕がアナリティクスで普段よく見ているセクション『平均ページ滞在時…

  3. ノウハウ

    コネなしツテなしフォロワー0。新規ドメインからブログを始めて半年間。コツコツ検索流入で月間3万PV

    半年間ブログを書く上で工夫していること3つとそれぞれについてその理由を…

  4. テクニカル

    簡単!ブログカードリンクを作る方法。ワードプレスプラグイン「Pz-LinkCard」の使い方。

    ブログカードやカードリンクと呼ばれるカード形式の記事紹介リンクを作るこ…

  5. ノウハウ

    記事を予約投稿することのメリット。

    今日はブログ更新を休みがちな方の参考にしてほしい記事です。サボり癖…

読まれている記事

最近の記事

  1. ノウハウ

    コネなしツテなしフォロワー0。新規ドメインからブログを始めて半年間。コツコツ検索…
  2. その他のアニメ・漫画

    ガルパン映画最終章第1話の感想とグッズ開封!OVA超ネタバレ!ガールズ&パンツァ…
  3. 勉強効率化

    京大受験の合格体験記と感想。ブログで初めて話します。苦しかった。
  4. ごちうさ

    ごちうさ映画感想とグッズ開封。「ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Si…
  5. コラム

    SETIとは!もしも地球外知的生命体からのコンタクトを受け取ったらどうするべきか…
PAGE TOP