アニメブログ-再編中

高坂麗奈(響け!ユーフォニアム)

僕は彼女のことが好きです。

好きな理由は複数ありますが、今日はその中の一つ、高坂の「特別になりたい」というセリフについて書きます。

 

(画像の出典は『TVアニメ「響け!ユーフォニアム」オフィシャルファンブック(宝島社)』48ページ)


大吉山での彼女の「私、特別になりたいの」という言葉が心に突き刺さりました。

僕は彼女のように「特別になりたい!」と願い「特別になる!」と信じることって生きていく上で非常に有益だと思うんですよね。

この場合の「特別になりたい」というのは一種のスローガンのようなもので「一番になりたい」や「勝ちたい」「夢を叶えたい」といった言葉に近く、
必ずしも「特別になりたい」という言葉でないといけないわけではありません。

ただ、彼女の感覚では「特別になりたい」というフレーズに収まりが良かったんでしょう。

ではなぜそういったポジティブで強い言葉を信じることが大切だと思うのか。

それはそのような大きな夢や目標を持つことで人間は計り知れないエネルギーを生み出すことができるからです。

 


例えば、プロバスケ選手になりたい人は毎日朝練に来て、全体での練習後も一番最後まで残ってシューティングをすると思います。

より積極的に上手な人の試合を観に行くし、ネットでも頻繁にテクニックやメンタルについて検索するかもしれません。
トレーニングの後にはプロテインを摂取するし、背を伸ばすために睡眠時間にも気を使います。

もっと日常生活レベルまで落とせば、電車では座らないし、駅では階段を選択をする可能性が高いでしょう。
プロになりたい人の全員がそうだとは言いませんが、一般人よりは日常生活においてずっと体を鍛える方を選択することは確実です。

他にも医学部に行きたい学生は一般的な学生より電車でスマホゲームをするより単語帳を開く率が高くなるとか。
自習の時間も(自然と)圧倒的に多くなってくるとか。
そういった日常の何気ない時間の使い方から、自習時間の確保の仕方、集中力まで桁違いになります。

このように絶対に実現したい夢・目標を持つことによって何気ない毎日のちょっとした選択においても、自然とよりその夢につながるルートを選ぶようになります。
これは意識的にもそうですし、願いの強さやそれを願い続けている期間の長さによっては無意識にも行動に出ます。
そのちょっとした選択はどんどん積み重なっていきます。

キーポイントはやはり「無意識レベル」のところですね。
これは「特別になるために」「夢を叶えるために」意識してする行動とは違って、それを信じきることによってその夢に引き寄せられるように、その人の可能な範囲でその夢に向かって日常生活が最適化されていくイメージです。

 


ここで断りを入れておくとそういった夢や目標はより具体的なものの方がいいですよね。
それで高坂の「特別になりたい」は具体性に欠けると思われるかもしれません。

ただこれはあくまでスローガンで彼女の中ではトランペットがその対象であり、これは推測ですが、滝先生に認めてもらえて、滝先生以上の、世界で活躍する奏者になるといったところです。
だからこの高坂の例においては具体性の問題はありません。

彼女は特別になると、ひたすらある意味で暗示のようなこの言葉を自分自身に言い聞かせ、
毎日誰よりも練習しているし、その彼女の通ってきた段階の要所要所で結果を出してきました。

彼女が他の部員よりも抜きん出ていることは当たり前です。
彼女にトランペットの才能があるのかどうかわわかりませんが、「特別になりたい」と強く信じて何年も前から毎日を過ごしている彼女とルーティンをこなすだけの部員の努力の集積は段違いですから。

彼女の意志が彼女の日々の鍛錬の質を底上げしていますから。
ある意味でチートみたいなものです。

僕個人的には「スイッチが入っている」とか「モードが(他と)違う」なんて表現もいいと思います。

 


ここまで書いてきましたが、こういうことって多くの人が知っている精神論ですよね。

特に先に書いた無意識レベルに〜というところとかは巷の啓発系の本に書かれている例えば「夢や目標は人に話そう」とか「紙に大きく書いて部屋の目立つところに貼ろう」といった方法論と根本にある狙いは同じです。

何度も何度も「特別になりたい」と願うことで頭にその夢や目標を刷り込む、自分を洗脳する
そうすることで意識せずともそれにつながる行動を取れるようになる。

若い人たちはまだこういった考え方を聞いたことはないかもしれませんし、そんな精神論は非科学的だと思う方もいるかもしれませんが、
将来、意識高い系の方なんかはこれから何度も同じようなノウハウを耳にすると思うし、僕自身は非科学的だとは思っていません。

ただやっぱり毎日忙しかったりすると「特別になりたい」なんて考える暇(いとま)はないでしょうし、知らず知らずのうちに現状で満足してしまうことも多いと思います。
また、単純に大人になると精神的に落ち着いてしまうということもあります。

僕自身も、子供の頃は「特別になりたい」という言葉すら違えど、「勝ちたい」とか「一番になりたい」ということは周りの人間よりは強く願っていた方でした。
しかし、多くの人と同じように大人になるにつれてそういうことを考える回数はずっと減っていました。

だから、そんな時に響け!ユーフォニアムのアニメを観て。
この高坂のセリフを聞いた時にはハッとさせられて感動しました。

彼女の「特別になりたい」という熱くて強い意志が僕が彼女を好きな理由の一つです。

僕はアニメ『響け!ユーフォニアム』は高坂のためのアニメだと思っています。

そして、彼女は最高に面白い人間だし、アニメ『響け!ユーフォニアム』も最高に面白いアニメです。

ぜひ観てください。

 
以上。


よかったらブクマ・フォローをお願いします。

haigaki reports.をブックマーク

関連記事

  1. ごちうさ

    ごちうさのココアはかわいいだけの女の子じゃない。

    今日はアニメ『ご注文はうさぎですか?』の主人公ココアを紹介します。…

  2. アニメブログ-再編中

    アニメミニ色紙の飾り方。今回はアクリルフレームで飾る方法について!

    今日はアニメのキャラクターグッズとして定番のイラスト色紙の飾り方につい…

  3. ごちうさ

    ごちうさ神田祭コラボグッズ通販(えくすぽ)で買ったやつ紹介。エクスアーツ。

    今日は東京の「神田祭」とアニメ「ご注文はうさぎですか?…

読まれている記事

最近の記事

  1. ごちうさ

    ごちうさ映画感想とグッズ開封。「ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Si…
  2. ノウハウ

    コネなしツテなしフォロワー0。新規ドメインからブログを始めて半年間。コツコツ検索…
  3. 勉強効率化

    京大受験の合格体験記と感想。ブログで初めて話します。苦しかった。
  4. レポート

    ブログのアクセス数5万PV達成とその実情。思い通りにはいかない。ブログの夏。※ブ…
  5. ごちうさ

    女友達をごちうさ映画に連れてった。女子受けとは?非ヲタ女性目線の『ごちうさ』。
PAGE TOP