コラム

本が読めない。

本を読むことがすごく苦手。

受験用の問題集とか、塾の『先生』するための教本とか。
英語訓練用の洋書とか大学のレポート用の論文とか、そういうのは読む。

そういうのも決して読みたいわけではないんやけど、必要に駆られて読む。

なんて言ったらいいのか、ここで言う読めない本というのは小説とか新書?
本を読めないし読まないからジャンルもよく知らない。

一般的に本と呼ばれるもの全般かな。
問題集とか論文というのは一般的ではないと思うから。

 
子どものころの僕にとっての娯楽メディアといえば漫画。
一番印象的だったのは『DEATH NOTE』。
当然、ライト派。

高学年くらいからは映画をよく観るようになった。

一人暮らしで好きに過ごしていた大学生の時は一日1〜2本見ていた時もあった。
『コンタクト』や『ボーンシリーズ』、『スターリングラード』など映画には好きな作品が山ほどある。

大学に入学すると周りにはみんな若いのに読書家がたくさんいた。
同期の中ではウィトゲンシュタインが人気だった。

誰やねん。

約3,000人の同級生の中で一番本を読んでいない自信があった。

 
結局これまでに読んだ本という本はハリーポッターと宇宙人に関する本と後、就活の面接で話すためのものくらい。
ハリポタは3巻までは頑張った。

内容がかなり面白かったし。

でも、4巻以降は登場人物がいっぱい増えてきたり、シリウスとルシウスがややこしかったり、やっぱりめんどくさくなってやめた。
ネガティブな要素が増えてきたこともやや不快だった。

 

本を読むのはとにかくめんどくさい。

疲れ方が車の運転に似てる。

すっごく集中しないといけない。
本を読むことは僕にとってかなりストレスフル。

読むのが遅いせいで、展開が遅い。
一冊一冊のページ数が多過ぎる。

読み終わるまでに異常に時間がかかる。
だいたい三分の一を読む前に飽きるか疲れる。

ラノベすらもライトと言いながら分厚く感じる。
まず絵がほとんどない時点できつい。

 
しかし、本の良いいところは自身の経験からは語れないけど、認めてる。
だから「本は読んだ方がいいよ」なんて言わないで。
知ってるから。

本に対する認識は伝聞によるところが大きいけど、
必要に駆られて読んだ数少ない本からでもそう思えるような体験もあった。

就活対策で間に合わせで読んだ実業家の本とか。

本は読んでいた方が絶対にいいと思うし、
学生の頃からコツコツ読んでいたら世の中の見方や考え方・知識・教養は広まっていたんだろうと思う。

それをわかっているなら今からでも全然遅くないし読めばいいじゃないかって思うかもしれないけれど、
やっぱり本を読むのはめんどくさい。

本が読めない。

関連記事

  1. コラム

    高校受験の体験記(大阪府公立入試)とそこから得られる3つの教訓。

    今日は僕の高校入試の体験談をメインで話しながら、その時の経験から得られ…

  2. コラム

    就職活動の面接対策で効果があった1つの方法。3年留年してもコツを掴んで楽々内定ゲット。

    僕は大学で3年留年しました。そういった事情もあり就活も3回経験しました…

  3. コラム

    授業の必要性。その授業・提出物・宿題はあなたにとって必要ですか?

    今日は学校の授業との付き合い方について僕の考えをレポートします。…

  4. コラム

    小学生と仲良くなる方法3つ。

    僕は大学生の時に地元の小学校で1年間ボランティアをしていました。今…

  5. コラム

    SETIとは!もしも地球外知的生命体からのコンタクトを受け取ったらどうするべきか?

    今日は地球外知的生命探査(SETI)についてレポートします。&…

  6. コラム

    こんなネット記事は読みたくない!『数合わせ記事』の不誠実さ。

    今日はよくある『オススメ30選!』のような記事の是非についてレポートし…

読まれている記事

最近の記事

  1. レポート

    ブログのアクセス数5万PV達成とその実情。思い通りにはいかない。ブログの夏。※ブ…
  2. 塾関係

    京大塾講師が教える個別指導塾の効果的な利用方法6つ
  3. 落ちこぼれ人生

    進学校で落ちこぼれた時の話。部活への逃避と転校の危機、不合格と嫉妬。
  4. B.LEAGUE

    Bリーグ・チャンピオンシップファイナル観戦して来ました。
  5. レポート

    京大卒のニートが1ヶ月ブログを書いた結果。初心者ブロガーの最初のアクセス数、PV…
PAGE TOP