カフェ

「ルクアイーレ梅田蔦屋書店」。利用方法やおすすめの席など。

ルクアイーレの「梅田 蔦屋書店」に行ったことはありますか?

LUCUA1100(ルクアイーレ)9階の1フロア全てが蔦屋書店になっていて、その書店内に併設されたカフェスペースにリラックスできる席がたくさんあります。
電源・Wi-Fi完備で仕事やなにか作業をすることもできますし、蔦屋書店の本を読ませてもらうこともできます。

僕は梅田で用事があった際に時々利用させてもらっています。

でも初めて行った時には使い方がよくわかりませんでした。
書店内にスタバがあったり「9階で飲食物の購入が必要」とか時折「ここは有料」の案内があったり。

ここでは梅田蔦屋書店の利用方法とおすすめのスペースをレポートします。

梅田とは
JR大阪駅を中心とした地域の名称で大阪市北区にある大阪で一番大きい繁華街。
ちなみにJR大阪駅と同じ場所に梅田という駅も存在している。
大阪駅という名称はJRだけでその他複数の私鉄が梅田駅としている。

席の種類と利用ルール

スペースは大きく分けて3種類あります。
それぞれのスペースによって利用する際のルールが少しずつ変わってきます。

まずは蔦屋書店内のほとんどの席に適応される<一般ルール>があります。

<一般ルール>

席の利用は9階で飲食物を購入した人に限る。

img_0649

9階の店とはスタバとル・ガルージュというカフェの2店舗のこと。
蔦屋書店内のどこの席に座るにしても基本的にこの2店舗のどちらかで注文をしないといけないということです。

次に3つのスペースごとのスタイルとそれぞれの個別の利用ルールについて。

Book & Cafe

フロア内のいろいろな所に点在している席。
席によっては電源があります。

一見フリースペースのように見えますが実は上の<一般ルール>が適用されます。
コーヒーなどを注文している方に限り利用が許されるということです。

書店内のカフェ

「スターバックス」と「LE GARAGE(ル・ガラージュ)」の2店舗が書店内に出店しています。
各店舗で飲食物を購入した方のみ利用可能。

これは一般的なカフェと同様で、スタバで買ったらスタバで座れるということです。

ラウンジスペース

「ガーデンラウンジ」と「4th ラウンジ」という2種類のリラックススペースが存在します。
ガーデンといっても外にあるわけではないし、そんなに広いわけでもありません。

この2つのラウンジには無料時間有料時間の2つの時間帯においてそれぞれ別々のルールが適用されます。

まず無料時間は<一般ルール>のみが適用されラウンジに自由に出入りすることができます。

次に有料時間は土日祝の13:00〜20:00に設定されており、この時間帯だけに存在する<特別ルール>があります。
その特別ルールとはそのスペースを利用する際に別途料金が発生するということ。

そして、有料時間帯には<一般ルール>は適用されません。
ラウンジの使用料金のみで利用することができます。

有料時間に利用される際にはラウンジの入り口に係の方がいらっしゃるので申し込みをしてください。
前払いで利用カードを渡してくれます。
以前は平日にも同様のルールが規定されていたんですが縮小されたことはよかったです。

<特別ルール>

Tカード有り Tカード無し
基本料金1時間 500円 1000円
延長30分毎 250円 500円
※1時間から利用可能  ※税抜き

おすすめのスペース


おすすめはこの写真の「4thラウンジ」です。
休みの日は料金がかかるので平日の利用を想定しています。

はっきり言ってガーデンラウンジと4thラウンジ以外のスペースはせわしないんですよ。
おしゃべりするだけなら問題はないんですが、集中して作業をするにはちょっと不適当かな。
カフェの店員さんも言っていましたが、平日から混み合っていることが多くてひどい時には席の取り合いのような状態になっているらしいです。

4thラウンジは奥まったところにあるので他にくらべて落ち着きがあるし作業にも集中できます。
特に奥の席は大阪駅の時空の広場を眺められて綺麗ですよ。一番上の画像はその席から撮った写真です。

席によっては電源がない箇所があることと、電源が床に埋め込まれていて隆起させないといけない場合があることに気をつけてください。

以上。

img_0661

営業時間:全スペース7:00〜23:00
定休日はLUCUA1100に準ずる
電源・Wi-Fi有り
分煙(カフェとは隔離された所に喫煙所有り)
ドリップコーヒーS¥280(スタバ)
ドリップコーヒー¥480(LE GARAGE)
梅田 蔦屋書店公式サイトhttp://real.tsite.jp/umeda/

さいごに

LUCUA1100(ルクアイーレ)の1100の意味ってご存知ですか?
ルクアイーレが開業したのは2015年の春でしたがもともとは百貨店のisetan(伊勢丹)が入っていました。
LUCUAの専(千)門店と百貨店、合わせて1100ということらしいです。

同時にイーレはドイツ語で「あなたの」という意味にもかかっているということでした。

今後も大阪市内の勉強や仕事ができるカフェを紹介していきます。
この機会にぜひブックマークをよろしくお願いします。

関連記事

  1. ライフスタイル

    【格安SIM】格安スマホ初購入~回線開通まで。購入方法や料金などをレビュー【マイネオ】

    ニート生活を送っている中で通信料はできるだけ安く抑えたいと考え…

  2. ごはん

    新グランクラブハウスバーガーの感想。ビクマクとの値段カロリーの比較。画像あり。

    レジで店員さんに尋ねてみました。僕「この新しいクラブハウスって…

  3. カフェ

    難波日本橋のWi-Fi(ワイファイ)電源カフェ。勉強場所・PC作業・仕事に。

    なんば・日本橋で仕事や勉強、PC作業ができるおすすめのカフェ。電源…

  4. 健康

    注意!受験生のみなさんは寒さ対策をしていますか?体が冷えることに対して問題意識を持つことが大切です。…

    ここでは僕の実体験に基づく「冷え」による勉強への悪影響とそれに対して僕…

  5. ごはん

    男の夜食|おすすめのレトルトパスタソース『青の洞窟』|美味しい】

    今日はレトルトパスタソース『青の洞窟』についてレポートします。…

読まれている記事

最近の記事

ご注文はブログですか?

  1. コラム

    落ちこぼれから挽回して大学受験で逆転するために。生徒・保護者への提案。
  2. 勉強効率化

    京大受験の合格体験記と感想。ブログで初めて話します。苦しかった。
  3. B.LEAGUE

    Bリーグ・チャンピオンシップファイナル観戦して来ました。
  4. 塾関係

    京大塾講師が教える個別指導塾の効果的な利用方法6つ
  5. レポート

    京大卒のニートが1ヶ月間ブログを書いてみた結果。初心者ブロガーの最初のアクセス数…
PAGE TOP