勉強効率化

京大入試の数学対策で考えたこと・やったこと。頑張っても届かないところ。

「俺って数学の才能ないんかな?

数学できるやつってカッコええわ。
ホンマに頭がいいって感じ?

あいつはすげぇ。
正直うらやましい。」

 
中高6年間数学の授業を受けながらそのほとんどの期間に渡ってこんな考えが頭の中を占めていました。
そして、自分のセンスの無さを認められるようになるまでには時間がかかりました。

 
自分自身も算数・数学は多少は得意と言える方でした。

しかし上には上がいるもので、
どこへ行ってもすごいやつというのはいて、

時にはそういうタレントたちに強烈に嫉妬することもありました。
彼らのことを別に気にしていないフリをしながら、裏ではめちゃくちゃ意識していました。

地元(大阪)の進学校で過ごした高校の3年間は謙遜でもなんでもなく、

「自分にはあの京都大学の数学なんて関係ない。分不相応。
頭のいいやつがやるもんやろ?」

って思っていました。

 
それから、予備校で浪人して、京大を志望し、その京大数学とも向き合って、京大に入って、周りの学生を見て、塾講師もして、そういう経験を経て

「才能がない?

そんなことはない!
才能なんて関係ない!

才能を言い訳にせず、もっと努力せえや。」

 
なんて偉そうなことを後輩たちに言うつもりはありません。
数学には情報処理の能力が関係します。

僕にはその才能はありませんでした。

 
しかし、問題ありません。
今日はそんな僕の『京都大学数学対策』についてレポートします。
 

◼︎もくじ
(A)京大数学に対する考え方←メイン
(B)京大対策でやったこと←いつもの
(C)この時期(秋)にやっていたこと(計画表の写真付き)←おまけ

(A)京大数学に対する考え方

京大数学難しくないですか?

僕はめっちゃ難しいと思います。
冒頭で書いたように『中高の6年間』は数学に対して才能がどうとかってずっと考えていました。

しかし、浪人してからその難しい京大数学の勉強をしなければならなくなってからは考え方を変えました。

 
「もう数学できへんでもええわ」

 
以下より僕が数学を出来なくてもいいと考えた理由を4つの見出しと1つのまとめに分けて書いていきます。

 

①京大数学は難しい。

合格者平均点とか模試での成績の分布とか見ている限り、
京大数学って誰しも難しいんじゃないかと。

たしかに、天才はいるから、そういうのには簡単かも知れませんけど、
大多数の受験生にとっては難しいでしょう。

京大受験生でも京大数学が難しいのはあなただけではありません。
そんなに気にする必要はありません。
 

②入試科目は数学だけではない

京大工学部の合格者最低点の得点率って毎年50%台ですよね。
低いときはこれを割り込みます。

こういう合計の合格点が低い試験だとめっちゃ得意な科目があるとすごく有利になるんですよね。

 
例えば工学部のある学部のある年の最低点が400/800だとします。

英語で150/200、物理化学で200/250、国語で50/100
これで数学は0でクリアです。

これは極端な例です。
現実的には理科80%は難しいでしょう。

実際には数学は部分点もしっかりとくれるのでそういうものを足して合格点をまかないます。

 
センター試験だとこれは使えませんよね。
9割以上取る上で1科目でも大きく落としてしまうと得意科目が他にあったとしても足りませんから。

例えば1つでも50点を取ってしまうと、残りの科目の得点率は95%以上が必要になります。

 

③標準問題を完璧に

これは他の科目でも繰り返し述べていることですが、
難関大学受験生こそ標準問題を完璧に仕上げます。

京大数学は多くの受験生にとっても難しい。
合格者最低点も低い。

こうなってくるといかに標準問題で点数を取るか。
みんなが正解する問題を自分も確実に拾っていくこと。
絶対に落とさないこと。

これを徹底することが普通の受験生の戦略になります。

 

④能率が上がった

悩みながら勉強していると能率が下がります。

だって「これでいいんだろうか」「京大に届くんだろか」「最初から無理なんじゃ・・・」なんて、
自分に自信を持たず、日々の課題を信頼できずに取り組んでいて最高のパフォーマンスを出せるわけがない。

仕事でもスポーツでも同じですよね。
(嘘、ごめん俺仕事してない。)

 
僕は「数学はできなくてもいい」と考え方を変えたことによって、
それ以降、悩むこと・考え込むことはなくなり、
自信を持って毎日気持ちよく頑張ることができました。

むしろそれまでよりも能率が上がった気さえします。

 

まとめ

ここまで話したように、
僕と同じように数学ができない方は、必ずしも京大数学レベルを解けるようになる必要はありません。
得意科目を他に作り、数学に関してはみんなが取れるような問題を確実に取ることに重点します。

そして、そのためにはその『取れるような問題』を見つけること、
取れる問題に時間を割く要領も意識して過去問や模試で練習します。

 
一応言っておきますが、
数学はできなくてもいいけれど、科目自体をないがしろにしていいということはありえません。

だから、僕も数学ができないと言っても河合程度の模試なら基本的に偏差値70は超えました。

数学のセンスのない僕でも京大数学ではない一般的な模試、
一般的な大学の数学なら簡単でした。

京大数学ができないとしてもここまでやれば大丈夫ということです。

 

(B)京大対策でやったこと

現役時と浪人時に分けて書きます。

現役時は京大志望ではなかったので、厳密に言うと京大対策のためにやったことは浪人からです。
でも、現役時の知識も持って京大を受けたことは確かなので全部書きます。

 
特によかった教材に関しては『オススメの参考書まとめ』として、
過去に書いたこちらの記事に抽出して詳しめに書いています。

🔗京大受験時の参考書や問題集のまとめとオススメ教材の紹介

 

現役時

青チャート

いわゆる網羅型問題集として。

一通りやりました。
しかし、やり方がゆるくて全然完璧ではありませんでした。

 

理系数学の良問プラチカ

ろくに数学を勉強できていなかったこの時の自分には難しく、
身につきませんでした。

他もそうですが現役時は問題集を適当に選んでいました。

 

マーク式問題集(河合出版)

難しかったし、あまり学習効率がいいようには思いませんでした。

 

センター過去問

15年分ほど解きました。

現役時は基礎もおろそかだったので、あまり意味がなかったと思います。

やっぱりこういうのはチャート式などの基本問題・標準問題を100%完璧にした上で、
確認のような形で取り組むのがベストです。

 

浪人時

細野真宏のよくわかるシリーズ

 
初心者でもわかりやすいこの参考書を数学対策のとっかかりとして使いました。
確率や整数問題、微積はこれで学習しました。

流れるように数学を学ぶことができます。
 

A・SOの解法シリーズ

 
図形・ベクトル・数列をこちらのシリーズで学びました。
細野もASOもよく練られたいい教材ですが、
今はもう古いのでそこまではオススメはしないですね。

細野先生のは今も売れ続けているみたいです。
すごい。

 

やさしい理系数学

 
いわゆる『やさ理』
もう一個上のハイレベル理系数学は『ハイ理』

ほとんど自力では解きませんでした。
パターンの暗記と割り切って消化していました。

関連:🔗数学の勉強方法。基礎となる3つの考え方。

 
浪人の時にはこれを一番のメインとして使っていました。

散々言われていることですが、決して易しくありません。
解説が丁寧などの優しいって意味かもしれませんね。
でも対になってるのが「ハイレベル」だからやっぱり「易しい」か。

 

マスターオブ整数

 
大学への数学シリーズです。
整数問題に苦手意識があったので一冊やりました。

京大入試対策として意味があったのかわかりません。

 

1対1対応の演習

 
確認のような使い方をしました。
程よい難易度の問題がいい感じにまとまっていて気に入っていました。

1対1をスラスラ解けるのが難関大学受験生の最低限のレベルだと思います。

マスターオブ整数も1対1も以前として評価が高いですよね。
1対1は僕もオススメです。

 

京大過去問

 
25カ年をやりました。
自力で解きますが、難しかったので1/4くらいしかまともに解答できませんでした。

難しくてもきちんとテスト形式でアタックするべきです。
歯を食いしばって頑張ってください。

(C)この時期(秋)にやっていたこと

京大受験生の1例として掲載します。
僕が当時記していた実際のメモです。

 

こちら↑は1週間単位の計画です。
1対1はどの1対1かわかりません。

OPとは京大オープンの模試かその過去問のことです。
①は1回分という意味。

波線はすでに1度取り組んだ問題の復習です

 

1日単位の計画です。
MKはZ会の京大数学です。

 
さいごに、
朝晩は冷えるし、空気も乾燥してきました。

体調管理にも十分に気をつけてください。
ここ舐めてたら痛い目を見ます。

後4ヶ月弱、頑張って!!!

 
以上!

 

🔗京大勉強法〜英語編〜


🔗俺の京大対策〜化学編〜


勉強カテゴリー以外にも京大関係の記事があるのでそちらも見てください。
よかったらブクマ・フォローをお願いします。

 

haigaki reports.をブックマーク

関連記事

  1. 勉強効率化

    俯瞰的学習|初学者の第一目標は全体像の把握|勉強効率化

    受験勉強やTOEIC、簿記などの各種資格試験に"初めて取り組む際"、そ…

  2. 勉強効率化

    響け!ユーフォニアムのOP曲「サウンドスケープ」から学ぶ受験勉強の精神論

    昨年末に第2期の放送が終了したアニメ『響け!ユーフォニアム』。…

  3. 勉強効率化

    【受験勉強】チェックボックスの使い方。問題集へのマークの付け方とその意味。【効率化】

    問題集にはそれぞれの設問の真横に四角いボックスがありますよね。…

  4. 勉強効率化

    予習・授業・復習どれが一番大切?

    予習・授業・復習どれが一番大切?よくある話ですが僕の考えを書き…

  5. 勉強効率化

    大学受験生の生活習慣。やってよかったこと、失敗だったことまとめ。

    僕が大学受験の時に日常生活レベルで取り入れていた習慣について、良かった…

読まれている記事

最近の記事

  1. 塾関係

    京大塾講師が教える個別指導塾の効果的な利用方法6つ
  2. ノウハウ

    コネなしツテなしフォロワー0。新規ドメインからブログを始めて半年間。コツコツ検索…
  3. ノウハウ

    ブロガー歴3ヶ月、僕の記事作成手順。ブログの書き方をくどくどと紹介します。
  4. コラム

    落ちこぼれから挽回して大学受験で逆転するために。生徒・保護者への提案。
  5. レポート

    ブログのアクセス数5万PV達成とその実情。思い通りにはいかない。ブログの夏。※ブ…
PAGE TOP