勉強効率化

受験勉強は苦しい・辛いものではない。7時間✖️365日も可能にする習慣化とは。

もうすぐ受験生になる方。

中学生や高2までの方は近い将来受験生になることが嫌じゃないですか?
そして、受験勉強が辛く苦しく長いものだとは思っていませんか?

そうじゃなくてもなんとなく大変そうだとか。

たしかに簡単なものではないですが、そこまで辛いものではありませんよ。
それは特に受験と真剣に向き合える人ほどそうです。

今日はどんなに大きな課題も主観的にはそのストレスが小さくなる習慣の法則についてレポートします。

 

(目次)
・客観的に見た受験
・習慣化とは
・習慣化の例①隙間時間の活用
・習慣化の例②勉強時間への慣れ
・さいごに

 

客観的に見た受験

僕は浪人して京都大学を受験しました。

浪人生のときの1日の勉強時間は前期に5時間、直前期には7~8時間もしていました。
これは休憩を除いた実質的な勉強時間です。

僕は浪人生のときは予備校には通っていましたが授業には出ていなかったので勉強時間は全て自習です。

中学・高校の現役生は学校があるためにどうしてもこれだけの時間を自習に充てることは難しいと思いますが、仮に今週末から土日だけでも1日7時間の勉強をできますか?
また、もし明日から学校がなくなるとしたらこれから毎日7時間とか。

無理でしょう。
しんどいじゃないですか。それ以前に集中力とかやる気とか持続しないと思います。

部活は辞めないといけないし趣味に割く時間も極端に減ります。

親に明日からどうしてもこんな生活をするように言われたらどうでしょうか。
たまらなく嫌ですよね。

でも、これが受験勉強です。

僕も決して頭が良かったわけではありませんが大学に行くことだけは小さいからから決めていたので、受験生になって受験勉強に取り組むことに強い抵抗を感じていました。

客観的に見て受験勉強はしんどいものです。

浪人して受験勉強をしていた時の辛さをこちらの記事にも書いています。
よかったらあとで見てください。

🔗京大受験の感想

 

習慣化とは

ではなぜ、受験生にはこれができるのか。勉強嫌いな僕でもやり遂げることができたのか。
というか僕以上やってる人はたくさんいます。僕程度だと難関大学の受験生の平均程度だと思います。

僕も勉強は大嫌いですよ。
自分に甘く、しんどいことが嫌いです。
先ほど書いたように大学受験は不安だったし、たくさん頑張らないといけないストレスが嫌だとも思っていました。

でも、このあと説明していきますが実は意外とできてしまう人が多いんですよね。

 
突然ですがお風呂ってめんどくさくないですか?
特にさむい冬のお風呂。

僕は今でこそお風呂が好きだし大事なんですが、子どもの頃は非常に億劫に感じていました。
身体をわざと自分でずぶ濡れにしてからまたバスタオルで拭くという一連の動作に違和感を覚えていました。
そんな動物他にいません。

でも、毎日入りますよね?
もう僕が何が言いたいのかわかると思うんですが、人間はどんだけめんどくさいことも繰り返しているうちに当たり前のように受け入れられるようになります。

 
部活こそまさにそうじゃないですか?

僕はバスケ部だったんですが毎日必ず最初に”フットワーク”というバスケで必要な足腰を鍛えるハードな基礎訓練から始まるんですよ。
中学に入ってからいきなりそれが始まって最初は「マジしんどい、クソだるい」と多くの新入部員が思うんですが、知らないうちにそれをやって当たり前になってきます。

少し話はそれますが、中学も高校も練習は週7でした。
こんなの普通の神経ではやってられないですよ。中学の時は同期の半分が辞めました。
当時はその人たちのことを否定をしていましたが、今ではそれがまともな感覚だったと思います。

やめなかった人間はまさにそれが習慣になってしまい、ある意味では客観的に判断できなくなったせいでそれが普通になっていただけです。
もちろん部活を習慣にできた人には忍耐力や元々の体力など他の要素があったことも否めません。

習慣化によって“マジしんどい、クソだるいこと”を何年間も続けられます。

 

習慣化の例①隙間時間の活用

僕は予備校へ電車通学していました。
浪人していた一年間だけはその時間を英文の読み返しに充てていました。

教材はZ会の速読英単語から始まって長文問題集、模試・過去問です。
速単以外はかさばるので一文ずつコピーをとってその用紙を常に数枚持ち歩いていました。

最初に電車で速単を読み始めたときはかなりめんどくさかったです。

それまでは電車では本すらも読んだことがありませんでしたから。漫画は除きますよ。
あの頃はだいたい携帯電話のアプリでゲームをしていました。

速単をいちいちバッグから取り出して読むのがね。帰りは電車が混んでることもありましたし。

でも、不思議とそれがわずらわしいと感じるのは最初の数週間くらいで、そのうちすぐに慣れてしまってそれが当たり前になりました。
繰り返しているうちに気持ちと行動のフェーズが変わって行くのは面白いですよね。

そして、これを1ヶ月以上も続けていると逆に英文を読まない方が気持ち悪くなってきます。
最初と違って『電車で英文』がまるで寝る前に歯を磨くのと同じくらいのルーティンになっているので習慣化は大成功です。

こういうことってよく“隙間時間を活用する”なんて言われ方をしますが、その前段階としてマメに隙間時間を活用する習慣付けが肝心なんですよね。
多くの人は隙間時間を活用することの有効性を理解はしていますが、習慣化されるまでの段階でやめてしまいます。

だから、習慣になるまではこのように多少の努力が最初は必要ということも念頭に置いておかなければなりません。

上の電車の話の余談ですが、僕の場合はルーティンになる以上に「英文を読まない=サボり=落ちる」と勝手に脳内変換されるようになり。
浪人生の一年間はこの自分ルールに縛られていたので少しばかり辛かったです。

受験が終わってからそれから手ぶらで電車に乗れるようになった時には開放感でいっぱいです。

 

習慣化の例②勉強時間への慣れ

次に冒頭で書いていた勉強時間についてはどうでしょうか。

僕は高3になって受験勉強、というか高校課程の勉強自体初めてスタートしたんですが、やっぱり最初は何時間も続けてできる感じではありませんでした。
そもそも最初から何時間も頑張ろうとか意気込んでいませんでしたし、そんな無理な計画も立てていませんでした。

他の記事でもときどき書いているように、僕は計画は自分に甘く立てるべきだと考えています。
特に最初は簡単過ぎる方がいいんです。

大学受験以外でもなんの試験対策や課題に向かう時でも「ちょっとずつ慣らしていこ〜」という考えが念頭にあります。

だから、受験勉強を始めた初期の頃は本当に15分や30分で終わる分量でした。

例えば「即ゼミの“仮定法過去”だけ」のように簡単な問題集の1つの単元だけとか。

その代わりその30分だけは集中しますよ。
意外とこの時間だけとか、この小さい範囲だけ、と決めているとその時間だけは一瞬で過ぎていきます。
集中するからですね。

ほんで、ご想像の通りこの時間を少しずつ増やしていきます。それも別に無理して増やすというわけではありません。
当初のたった30分だけでも、それで達成感を得られているし、もうちょっとやってみようかなって欲が出てくるんですよ。
他にも事前に立てた計画表にチェックをつけたりして満足度を煽ります。

それで3時間くらいの勉強ならあっという間に習慣化できます。

そして、受験勉強にハマってくるとその3時間もあっという間に過ぎていくようになります。
波に乗ってくると1日1日が早く終わるし、受験もすぐに終わります。

冒頭に“真剣に向き合える人ほど”ストレスは小さいと書きましたが、それは本気でやっている人ほど熱中して全てがあっという間に終わるからです。
習慣にしてなんどもなんども繰り返してハマっていくうちにどんどん集中の深いところへ入っていくイメージです。

先ほどの『京大受験の感想』には受験の苦しさを書いていますが、多くは僕が当時のことを客観的に振り返った時に覚える感情です。
記事にも書いていますが受験をやっている当初はそこまで負担には感じていませんでした。マジでどハマりしていたので。

一方で“主観的には”と書いていたのは、あくまで自分が現在進行形で過ごしている圧縮された時間感覚やアドレナリン、集中・熱中モードでは負担にも主観的には気がつきにくいというだけであって、

受験が終わってから客観的にその時のことを思い出してみたり、試験が近づくにつれて詰め詰めになって行く計画表やボロボロの参考書を後から目にした時に初めて大変だったとか頑張ってたとか、実際的な負担に気が付くからです。

 

さいごに

長くなってしまったので最後に要点をまとめます。

まず、受験勉強はやり始めると習慣化によってそんなに大変には感じません。

確かに最初は多少抵抗があります。
しかし、それは習慣化されるまでのちょっとしたハードルだと割り切って、少しだけ頑張ります。
また、この初期ストレスは最初にすごく簡単な計画を立てることによって低減することができます。

そして一番大切なことは『習慣化という考え方』があること自体を(今)知って理解することです。
それだけで少し肩の荷が降りると思いますし、“習慣化されるまでの少しの我慢”にも納得できます。

受験なんて本当にあっという間に終わります。

一年間だけ頑張ってみてください。

 
以上。


よかったらブクマ・フォローをお願いします。
haigaki reports. をブックマーク

 

他にもこんな記事を書いてます。



関連記事

  1. 勉強効率化

    俯瞰的学習|初学者の第一目標は全体像の把握|勉強効率化

    受験勉強やTOEIC、簿記などの各種資格試験に"初めて取り組む際"、そ…

  2. 勉強効率化

    大学受験で過去問を解く時期はいつから?勉強法をパターン別に解説。

    今日は過去問をやるタイミングについてレポートします。私見にはな…

  3. 勉強効率化

    【受験勉強】チェックボックスの使い方。問題集へのマークの付け方とその意味。【効率化】

    問題集にはそれぞれの設問の真横に四角いボックスがありますよね。…

  4. 勉強効率化

    模試を受ける意味。メリットとデメリット。大学受験生向け

    今日は大学受験生が受ける模試についてレポートします。メリットを5つ…

  5. 勉強効率化

    大学受験生の生活習慣。やってよかったこと、失敗だったことまとめ。

    僕が大学受験の時に日常生活レベルで取り入れていた習慣について、良かった…

  6. 勉強効率化

    目次を利用することで受験勉強を効率化できる

    目次は非常に利用価値の高いページです。勉強を少しでも効率化しよ…

読まれている記事

最近の記事

  1. ラブライブ!

    アルター高坂穂乃果フィギュアレビュー。太もも太い??それがええんや。
  2. ごちうさ

    ごちうさ映画感想とグッズ開封。「ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Si…
  3. ごちうさ

    ごちうさ日本の聖地?喫茶店るぽ(東京清瀬)でココア飲んだ。フランスも行く??ごち…
  4. コラム

    SETIとは!もしも地球外知的生命体からのコンタクトを受け取ったらどうするべきか…
  5. その他のアニメ・漫画

    ガルパン映画最終章第1話の感想とグッズ開封!OVA超ネタバレ!ガールズ&パンツァ…
PAGE TOP