B.LEAGUE

チャンピオンシップへ行くのは大阪エヴェッサや。

Bリーグ初年度のレギュラーシーズンも残すところあと3試合

第29節の琉球戦GAME2と第30節の三河戦GAME1はともに最高のゲームでしたよね!

結果、次節のホームゲームでブースターの目の前でCS進出を決められる可能性も!

(目次)
・前々節の琉球戦
・前節の三河戦
・次節の滋賀戦とチャンピオンシップ
・さいごに

 
■追記(2017年5月4日):感想書きました。

 

前々節の琉球戦

琉球戦はHCのコメントにもあった通りGAME1では第1Q琉球オン2のところ大阪オン1で序盤に点差をつけられたままずるずると行ってしまいましたが、GAME2では第1Qを琉球とオン2で揃えて前日とは真逆のゲーム展開。

琉球戦は球際での積極性とボールに対する執着心が全然違いました。同じチームとは思えないくらいに。

桶谷HCの修正力に脱帽です。

結局2戦目は1Qに27-8と大差をつけた後、琉球には一度も大きな流れを掴ませることなくぶっちぎり。
2Q序盤に琉球津山選手に連続でアウトサイドを決められた時くらい。それもタイムアウトですぐに断ち切ってやりました。

爽快感のある面白いゲームでした。

TOP画像はその日の試合前の舞洲アリーナです。最高です。

 

前節の三河戦

三河戦のGAME1は「耐え忍ぶ戦い」でした。

ディフェンスはゲームを通してファールギリギリのプレッシャーディフェンス。
三河の選手を誰一人として‘乗せ’ませんでした。

何度も三河に流れを持っていかれそうな場面でもエヴェッサは踏ん張りました。
「いつもの三河と違う」というよりもプレーオフを前にして「大阪がいいプレーをしていた」と言いたいです。

外国籍選手の活躍が目立ちますが、日本人選手の得点力も上がっていますよね。
オンボールの状態でスペースがあれば果敢にゴールへ切れ込んでいく姿はかっこいいです。

ゲーム終盤、第4Q残り3分で逆転をして三河68-70大阪のギリギリ逃げ切り勝利。
最後は比江島選手の神がかり的な4点プレーをはじめ、三河の追い上げにはヒヤヒヤさせられましたが見事初勝利。

耐えて耐えてあの三河を60点台に抑えてもぎ獲った1勝。
大阪にとってはプレーオフへ向けて大切な一戦であり、ここまで6戦全敗していた三河から奪った勝利でしたから、試合終了のブザーが鳴った時には感動しました。

そしてエヴェッサはプレーオフへ大前進!!

 

次節の滋賀戦とチャンピオンシップ

前節(第30節)終了時点での成績は大阪が28勝29負、琉球が27勝30負。

大阪と琉球の今シーズンここまでの直接対決は大阪の5勝1負ですでに勝ち越しを決めています。
したがって、最終的に勝率が並んだ場合はその直接対決の成績上、順位は大阪が上位となりCSに進めます。

ここでは最終節の大阪vs琉球において大阪がCS進出のために最終節で琉球から獲る必要のある勝ち星の数について考えました。

次節の大阪vs滋賀琉球vs名古屋Dのそれぞれの勝敗結果から4パターンに分けて整理すると以下のようになります。

滋賀戦勝利 29勝29負 最終節
琉球vs名◯ 28勝30負 要1勝
琉球vs名× 27勝31負 0勝
滋賀戦敗北 28勝30負 最終節
琉球vs名◯ 28勝30負 要1勝
琉球vs名× 27勝31負 要1勝

最速CS確定パターン

第31節で大阪が滋賀に勝って(29勝29負)琉球が名古屋に負けた(27勝31負)場合。
1つ目の表の一番下。

最終節の結果に関わらず大阪のCS出場が確定。

押さえておきたいのが試合時間ですよね。
琉球vs名古屋が14:05で大阪vs滋賀が15:00スタート。

ということは、先に進行する琉球の試合結果によっては舞洲でエヴェッサが勝った瞬間ブースターの目の前でCS進出を決められるかもしれません。

 

それ以外のパターン

可能性としてはこちらの方が高いです。

次節で大阪・琉球共に勝利(阪29勝29負・琉28勝30負)した場合や、
大阪が滋賀に負けた(阪28勝30負・琉28勝30負or27勝31負)場合。

最終節の琉球との直接対決でエヴェッサは1勝が必要になります。

つまり、滋賀に負けたとしても琉球に1勝をすることさえできればCS進出。
これは三河戦の1勝のたまものです。アウェイ沖縄で連勝はしんどいですからね。

一方でこういう風にも言えます。
エヴェッサが滋賀に勝ったとしてもその日琉球が名古屋に負けない限りは結局最終節での1勝が必要だと。

 

琉球目線で話すと

次節琉球が名古屋に負けた場合は大阪も滋賀に負けてもらわないといけない。
でなければ大阪のCSが確定。

つまり、大阪が滋賀に勝った場合は残り3試合を3連勝する必要があります。

何れにしても大阪に対しては琉球がCSへ進むためには2連勝が必須。

→ホームでの2連勝なら可能性がある!って思ってるでしょうね。

 

滋賀目線で話すと

残留プレーオフ回避!
残りは大阪1戦・三河2戦!!

大阪叩くしかないびわ!

→次節も厳しい戦いになりそうです。

 

さいごに

次節でのCS進出が決まらない限り、CSの切符の行方は最後の最後までわからなくなります。
Bリーグとしてはこの上ない面白い展開です。

しかし、最後にチャンピオンシップ進出を決めるのは大阪エヴェッサです。

 
以上。


当サイトは雑記ブログですが、下に紹介するように
Bリーグ関連の記事エヴェッサ関連の記事をときどき書いています。

よかったらブクマやフォローをお願いします。

 

haigaki reports.をブックマーク

 

他にもこんな記事を書いています。







関連記事

  1. B.LEAGUE

    大阪エヴェッサのホーム最終戦と感謝祭(Thanks Festival)について。

    負けたらつらい!!当たり前ですけど試合を観ている時は自分が応援…

  2. バスケットボール

    中学生・高校生におすすめの部活動がバスケ部一択である理由6つ

    中学・高校の部活動について。6年間も取り組んでも卒業したらもうそれ…

  3. B.LEAGUE

    Bリーグのスーパープレー集まとめ。B.LEAGUE公式YouTubeチャンネルより。

    Bリーグというプロバスケットボールの新リーグが今シーズンから開幕してい…

  4. B.LEAGUE

    大阪エヴェッサのプレーオフチケット事情や対戦相手について整理。★チャンピオンシップ2016-17★

    たしかに勝負は最後までわかりません。しかし、多少の予想がつ…

読まれている記事

最近の記事

  1. コラム

    【天の川】ドレイクの方程式とは。地球外知的生命体が存在する可能性【銀河系】
  2. コラム

    落ちこぼれから挽回して大学受験で逆転するために。生徒・保護者への提案。
  3. 塾関係

    京大塾講師が教える個別指導塾の効果的な利用方法6つ
  4. ノウハウ

    ブロガー歴3ヶ月、僕の記事作成手順。ブログの書き方をくどくどと紹介します。
  5. 勉強効率化

    京大受験の合格体験記と感想。ブログで初めて話します。苦しかった。
PAGE TOP