ノウハウ

PVのない運営報告は価値半減。読む側の勉強にならない。

※PV(Page Views):サイトのページ表示回数。ブログの規模の目安の1つ。

僕は誰かのブログで運営報告が上がってくると必ずまず初めにアクセス数の項目を探します
そこでPVが公開されていないと激萎えです。

さらに言えば、PV出さずにブログノウハウを教えている人に関しては理解不能。

今日はPVを強く意識してブログを運営している僕が、
PVのない運営報告に対して思うことをレポートします。

参考記事:(Halohaloさんのブログ)🔗Googleアナリティクスの画像掲載は本当にNG!?担当者に聞いてみた。
 
(もくじ)
①僕が運営報告を見る理由
②たくさんのサンプルたち
③PVのない運営報告
④PVを出すメリット
⑤自分が運営報告を書く理由
⑥PVを出すのが恥ずかしいという人
⑦PV出さずにブログノウハウを教えてる人
⑧さいごに

①僕が運営報告を見る理由

「自分と比べてどうかな」とか、
「どれどれどんなもんやろか」みたいな品定めをするだとか。
そういう意図はほとんどありません。

そりゃ多少はついつい自分と比べちゃったりもしますが、

運営報告を見る一番の理由は、
「この方の運営手法でどんな結果(PV)が出ているんだろう」という勉強をさせてもらうためです。

 
もちろん懇意にしてくださっているブロガーが相手なら「アクセス増えてよかったやん」って気持ちにもなりますが、
大勢のブログに対してはそんなこと思いません。

毎日更新を始めたけれどアクセスアップにつながっているのか。
・最近は批判的な記事が多いけれど読者は離れていないか。
・内容は薄いけれど更新頻度が高くてレイアウトがキレイ、支持されているのか。

などを確認して、
自分のブログ運営の参考にさせてもらうのが主な目的です。

 

②たくさんのサンプルたち

一見読まれてなさそうなサイトが高PVを出していると判ると、
いったいどういった点が評価されているんだろう。

どんな工夫をしているんだろう
改めてレポートを読んで、他の記事も色々みてみよう。

となります。

 
すごく内容が充実しているのに低PVだと、

え?こんな素晴らしいブログなのにどこがいけないの?
このテーマってそんなに需要がないんだね。

とか。

 
ダメブログが低PVだと、納得して反面教師にさせてもらいますし、

逆に、非常によくできているサイトが高いPVを記録していると、
これも納得して、少しムッとして、いいところを見つけます

いろいろなタイプのブログをサンプルにさせてもらっています。

 

③PVのない運営報告

運営報告にアクセス数は公開されていなかったとしても他のことはいろいろと書いてくれています。

・今月は◯◯記事書けた
・ツイッターのフォロワーが何人増えた
・ワードプレスの有料テーマに鞍替えした

このような報告です。

 

 
でも、それで結局どういう変化があったの?

SEOに効果があるの?

結果は?

 
ときどきぼかしている人もいますね。

「先月はびっくりするくらいアクセスがありました」とか。
「右肩上がりでPVが増えてきています」とか。

そんなこと言われても、
数字がなかったら全くイメージが湧きません

物事は極力具体的に伝えた方がいいですよね。

 
他人の運営報告に対しては以上のような見方をしている僕です。

タイトルには「価値半減」と書きましたが、
自分にとってはPVのない運営報告にほとんど価値はありません。

 

④PVを出すメリット

PVを公開するメリットはたくさんあって、逆にデメリットはパッと思いつきません。
過去に書いたこちらの記事にもいろいろと記しているのでよかったら読んでください。

🔗ブログ運営報告をすることのメリット7つ

この手の話にはこちらのHalohaloさんの記事も参考になります。

🔗Googleアナリティクスの画像掲載は本当にNG!?担当者に聞いてみた。

 
ここではPVを出すメリットを例として1つだけ言うと、
PVを出すからこそもらえるフィードバックもあるということ。

多くのブログには『問い合わせフォーム』が設置されていますが、
僕のブログに関して、このフォームやツイッター、ブログサークルの各窓口を通していただく意見にこのようなものがあります。

「収益化について考えていないんですか?」

 
これもやっぱりPVを出したりまめに運営報告を書いているからこそ得られるアドバイスです。
これに限らず、ブログ運営に関する意見を寄せてくれる先輩方には感謝しています。

もしも仮に僕がアニメに関する記事しか書いていなくて、
ブログの読者層がブロガーではない一般的なネット民・アニメファンだけから構成されていたとしたら、
「ブログに対するアドバイス」はもらえないでしょうね。

 

⑤自分が運営報告を書く理由

最初のきっかけは自分自身がブログを始める前や初心者だった頃に他のブロガーの運営報告を読んでいて、
それでブログを始めたら自分も書きたいな思ったこと。

ブログを実際に始めてからは、
過去に自分が先輩方のレポートを参考にさせてもらっていたように、
自分も後から始めたブロガーの役に立てたらいいなと思っているからです。

 
役に立つって言うのは大それた言い方だし、わざとらしいかもしれません。

したがって、もっと正確に言うと、

たしかに僕のレポートが役に立つ人がいるかもしれませんが、
何の役にも立たない人もいます。

結局、僕と同じようなスタイルで運営しても同じ結果は出ないし、
この程度のサイトだと同じようにしようとする人自体いないかもしれません。

だから「役に立つ」っていうのはさすがに言い過ぎで、
実際のところは「僕のレポートが参考程度にはなれたらな」という感覚です。

 
運営報告やブログに関するノウハウを書いているブロガーは他にも無数にいます。

僕のやり方がベストだとは思ってないし、そのまま真似をすればいいとも思っていません。

初心者はネット上にたくさんあるレポート・たくさんあるサンプルを調べて、
自分がいいと思ったところを取り入れていけばいい。

僕の運営報告と運営方法とその結果(PV)がそのたくさんあるサンプルの1つになればいいということです。
役に立つかどうかはわかりませんが、サンプルになれるというのは100%確実です。

こういう意識です。

 

⑥PVを出すのが恥ずかしいという人

自意識過剰すぎ。

まずブロガー以外の読者はPVなんて気にしていないし、その概念すら知らない人がほとんどです。

ブロガーでも特にあなたのサイトのPVを意識している人なんて滅多にいないですよ。
さらにその中からPVが低いことを理由にそのブログを見下すような人なんてほぼいません。

 
上でも書きましたが、参考にしてもらえるような情報を提供することが重要です。
「恥ずかしい」とか「ためらわれる」とかそんなもの本当にどうでもいいから。

別に友達でもないブロガーがあなたの運営報告を読む場合、
あなたの日記的な感想を知りたいんじゃない。

大多数のあなたのお友達じゃないブロガーは、あなた自身よりもあなたのブログに興味があります。
人が知りたいことを先回りして書いてあげるのがブログの役割の一つです。
そのためにはその記事(運営報告)を読む人が知りたい情報(数字)を書くべきですね。

 

⑦PV出さずにブログノウハウを教えてる人

ここまで色々書きましたが、PVを出す出さないについてはそれぞれ考え方があるでしょう。
理解はできます。

それ以上に矛盾を感じるのはPV(実績や立ち位置・背景)を公開せずにブログのノウハウを教えている人です。

どこの大学かわからない人間に自分の子どもの家庭教師を任せられますか?
教えてる先生はもしかしたらFランかもしれません。

全く信用できませんよね。

それと同じです。

 
そのノウハウの結果どういう成果が上がったのかを明示しないでブログを語られても…。

理解不能です。

 
出せるものは出していきましょ。

 
以上!


僕は真剣にブログ運営をしています。
よかったらブクマ・フォローをお願いします。

 

haigaki reports.をブックマーク

関連記事

  1. ノウハウ

    初めてワードプレスブログを開設する時の初期費用

    ブログを初めて開設する時にかかる費用についてレポートします。&…

  2. ノウハウ

    ブログ超初心者がブログ開設前にやるべきこと

    ブログ初心者がブログを始める前にやるべきことをレポートします。…

  3. ノウハウ

    ブロガー歴3ヶ月、僕の記事作成手順。ブログの書き方をくどくどと紹介します。

    今日は僕の現在の記事作成手順についてレポートします。記事自体の…

  4. ノウハウ

    ブログ運営報告をすることのメリット7つ

    僕はマメに運営報告やブログ関係の記事を書いていますが、単純に「他の人が…

  5. ノウハウ

    記事を予約投稿することのメリット。

    今日はブログ更新を休みがちな方の参考にしてほしい記事です。サボり癖…

読まれている記事

最近の記事

  1. 勉強効率化

    京大受験の合格体験記と感想。ブログで初めて話します。苦しかった。
  2. レポート

    ブログのアクセス数5万PV達成とその実情。思い通りにはいかない。ブログの夏。※ブ…
  3. ノウハウ

    コネなしツテなしフォロワー0。新規ドメインからブログを始めて半年間。コツコツ検索…
  4. 落ちこぼれ人生

    進学校で落ちこぼれた時の話。部活への逃避と転校の危機、不合格と嫉妬。
  5. コラム

    SETIとは!もしも地球外知的生命体からのコンタクトを受け取ったらどうするべきか…
PAGE TOP