バスケットボール

ダイエットにオススメのスポーツもバスケである理由5つ

今日はバスケがダイエットにもオススメのスポーツである理由をレポートします。

 

(目次)
①楽しい
②楽しいから続く
③全身を使う
④誰かと一緒にできる
⑤金もそんなにかからない

 

①楽しい

まず何よりもこれです。
バスケは本当に楽しいスポーツです。

まず、球技であること!
たくさん種類のあるスポーツの中でも球技になると一気にゲーム性が増大します。

ゲームは楽しい!

 
次に、球技の中でも室内でできるという点も大きいです。
夏でも施設によっては冷房完備の体育館なら目一杯楽しめるし、紫外線を気にする必要もありませんから。

 

②楽しいから続く

ダイエットをする上ではこれもすごく大切な要素。

ランニングや腹筋って続きますか?

僕はダイエットでランニングをしたことはありませんが、部活の体力づくりのために自主的に走っていたことはあるんですが本当に続かない。
筋トレも同様。

それはひとえに面白くないから!

ただ苦しい中走ることの何が面白い?
重いものを持ち上げて何が面白い?

面白くないことは続かないです。

続かないことが悪いのではなくて、対象が面白くないことが悪い!
あえていうなら、面白くないことでダイエットをしようと考えてしまうその選択が間違っていたということ。

一方でバスケは面白いのでトレーニング的なメニューよりはずっと続けやすいと言えます。

 

③全身を使う

バスケは全身を満遍なく使うスポーツです。

腕だけ使うとか足だけ使うことなく、全身スポーツは体に等しく負荷をかけることができるため、より健康的にシェイプアップすることができます。

翌日の全身筋肉痛も心地よかったりします。

 

④誰かと一緒にできる

先ほど、ランニングやトレーニングは面白くないから続かないと言いましたが、続かない理由には他に「1人でするから」ということもあります。

一人だとすぐに甘えが出てしまいますからね。
辞めるのも自由だし。

一方のバスケは多くの人と関わりながらすることです。

それは誰かがいるからやらないといけないというような消極的な理由では決してなくて、
誰かとやるから楽しい、そしてだからこそ自然と続けられる・続けたいというポジティブな動機です。

 

⑤金もそんなにかからない

さすがに最初はお金がかかります。
バッシュですね。

1万〜1万5千円くらいです。
バッシュは安全にも関わるのでいいものを使った方がいいです。

体育館の使用料とかは人数で割るので大した金額にはなりません。
中には無料で混ぜてくれるところもあるくらいです。

冷房を使ってる場合は少し余分にかかってきます。

 

さいごに

自分自身がバスケをする理由はとにかく面白いからというのが第一です。
そして、次に健康維持という側面もあります。

別に体を鍛えたいというわけではありませんが、適度に締まっている方がいいだろうと考えています

特にバスケ経験者とかならバスケをもう一度ライフスタイルの一部に取り入れてみてはどうですか。

 
以上。

 


よかったらブクマ・フォローをお願いします。

 

haigaki reports.をブックマーク

関連記事

  1. バスケットボール

    バスケ練習月報【1月】

    僕はアマチュアの社会人バスケットボールクラブで活動しています。バス…

  2. B.LEAGUE

    チャンピオンシップへ行くのは大阪エヴェッサや。

    Bリーグ初年度のレギュラーシーズンも残すところあと3試合!第2…

  3. バスケットボール

    バスケ練習月報【6月】

    3月末に捻挫してから2ヶ月以上もバスケをしませんでした。これだ…

  4. バスケットボール

    バスケ練習月報【3月】ーペネトレートの練習方法とコツー

    今日の記事は今年から始めたバスケ練習月報の3月分です。2月を振り返…

  5. B.LEAGUE

    大阪エヴェッサのプレーオフチケット事情や対戦相手について整理。★チャンピオンシップ2016-17★

    たしかに勝負は最後までわかりません。しかし、多少の予想がつ…

読まれている記事

最近の記事

ご注文はブログですか?

  1. 勉強効率化

    京大受験の合格体験記と感想。ブログで初めて話します。苦しかった。
  2. 塾関係

    京大塾講師が教える個別指導塾の効果的な利用方法6つ
  3. レポート

    京大卒のニートが1ヶ月間ブログを書いてみた結果。初心者ブロガーの最初のアクセス数…
  4. コラム

    落ちこぼれから挽回して大学受験で逆転するために。生徒・保護者への提案。
  5. レポート

    ブログのアクセス数5万PV達成とその実情。思い通りにはいかない。ブログの夏。※ブ…
PAGE TOP